【音フェチ】[囁き] 耳元で囁く2-binaural-【ASMR】

夏の夜空と言えば比較的明るい星が多く、特徴的な形をした星座も多いので、見つけやすいです。

今回は、代表的な夏の星座の見つけ方や神話をご紹介します。

夏の星座で代表的なのは、次の8つです。

「さそり座」「はくちょう座」「こと座」「わし座」「へびつかい座」「ヘルクレス座」「いて座」「いるか座」

夏の星座の見つけかたは、基本は「天の川」・「夏の大三角形」です。

まずは、南の方に目をやります。

すると、比較的地面に近い低い位置に、赤く光る1等星のアンタレスが輝いています。

ここにあるのが「さそり座」。 アンタレスは「さそり座」の心臓の位置にあります。

次に、北側に目をやると「W」の形に星が並ぶ「カシオペア座」があります。

このカシオペア座から、さそり座にかけて、天の川が流れています。

そして空の高いところ、天の川が流れている辺りに目をやると、大きな三角形を作っている明るい1等星が3つ、目に入ってきます。

これが「夏の大三角形」です。

西側にあるのが「こと座」の1等星「ベガ」

七夕の織り姫です。

天の川の東にあるのが「わし座」の1等星「アルタイル」

七夕の彦星です。

そして「ベガ」と「アルタイル」よりも北、天の川の中にあるのが「はくちょう座」の1等星「デネブ」です。

それでは次は、夏の代表的な星座をご紹介します。

まず「さそり座」。

南の近い低い位置に、赤く輝くアンタレスが目印です。

アンタレスは、サソリの心臓の部分にあたります。

アンタレス以外の星も比較的明るいので、見つけやすい星座です。

さそり座のすぐ左側にはいて座があり、常にさそり座の心臓を矢で狙っています。

さそり座の神話。

神話では、オリオンを殺すために遣わされた、大サソリだとされています。

さそり座にはもう一つの神話があります。

アポロンの息子パエトーンが太陽の馬車を無理やり運転した際に、このさそり座に馬車の馬が足を刺されそうになり、馬は大暴れします。

そのため、天地が焼きつくされそうになり、見かねたゼウスが馬車に雷を落とし、パエトーンの死骸はエリダヌス川に落ちたとされています。

「はくちょう座」

星が十字に並ぶはくちょう座は、夏の夜を代表する星座です。

南半球で見る事ができる南十字に対して、北十字と呼ばれています。

一等星のデネブは、ちょうどはくちょう座の尾の部分に当たります。

デネブの語源は、アラビア語のめんどりの尾という意味の言葉です。

でもこの白鳥、ギリシャ神話ではメスではありません。大神ゼウスが変身した姿だとされています。

はくちょう座の神話。

ゼウスが白鳥に変化し、スパルタ王妃のレダに近付きます。そしてレダは2つの卵を産み、それがふたご座となりました。

「こと座」

こと座は、夏の大三角の一つベガ。その近くで、平行四辺形に並ぶ星で構成されています。

しかし、ベガ以外の星は3等星から4等星なので、都会では分からないかも知れません。

こと座の神話。

この琴は、元々発明の神ヘルメスが波打ち際で拾った瓶のコーラに糸を貼って作ったものでした。

そしてその音を、音楽の神アポロンに送り、アポロンはこれを息子のオルフェウスに譲り、オルフェウスはギリシャ1の竪琴の名手となったのです。

オルフェウスには、美しいニンフのエウリディケを妻に迎えましたが、ある日エウリディケは、野原で毒蛇に足を噛まれ、死んでしまいました。

オルフェウスは諦めきれずに、黄泉の国に降りて行き、妻エウリディケを追うのですが、三途の川で渡し守をしているカロンに、まだ生きているオルフェウスを船に乗せるわけにはいかないと、拒まれます。

しかし、琴を奏で「いま一度、妻を帰させ給え」と訴えました。

その美しい音色は、冥土の神ハデスの心をも動かし、地上に出るまで妻を振り向いてはならぬと約束させ、エウリディケを帰してくれました。

そしてオルフェウスは、エウリディケが後ろからついて来ているものと信じながら、地上の道を辿りました。

やがて洞穴の出口に差し掛かって、この世の光が見えてくると、オルフェウスは心配のあまり妻の方を振り返ってしまったのです。

その途端エウリディケは、オルフェウスの名を呼びながら吸い込まれるようにしてあっという間に黄泉の国へ引き戻されてしまいました。

再び妻を失ったオルフェウスは、絶望のあまりついに気が狂ってしまい、ディオニソスの祭りで琴を弾けと無理強いされたのを断ったために、琴もろともへプロス川に投げ込まれ、殺されてしまいました。

その後、大神ゼウスがその琴を拾い上げ、星座にしたとされています。

「わし座」

夏の大三角の一つ、アルタイルによって構成されています。

アルタイルは、わし座の背中の部分に当たります。

わし座の神話。

わし座の神話に関しては、諸説あります。

その内の1説は、昔トローヤという所に、ガニュメデスというとても美しい青年が住んでいました。

ガニュメデスは父母と家畜などをして暮らしていました。

ゼウスは、ガニュメデスの美しさをとても気に入り、ガニュメデスを手に入れるために自らワシに変身し、地上に降りてきたのです。

白鳥に変身したり、ワシに変身したり、ゼウスさんもご苦労な事です。

ガニュメデスが草原で羊の世話をしていると、不意に空が暗くなり雷が轟き、そしてワシに変身したゼウスが現れました。

そしてそのワシは、ガニュメデスを捕らえて飛び去って行ってしまうのでした。

ガニュメデスがみずがめ座となったとされています。

その他の説としては、このワシはいつもゼウスの側にいて、ゼウスが打ち出す雷霆の矢を携える大きな黒ワシとも言われています。

そして、大神ゼウスの使いをしながら、毎日下界を飛び回り、下界のいろいろな出来事をゼウスに伝える役目をしていたと言われています。

「へびつかい座」

へびつかい座は、非常に大きな星座です。

こと座のアルタイルとさそり座のアンタレスを結んで、ちょうどその中間の位置に2等星の星があります。

その星がラスアルハゲと言う星で、へびつかい座の頭の部分になります。

蛇は医術のシンボルとされていて、 へびつかい座は名医アスクレピオスが、大きな蛇を持っている姿で描かれています。

へびつかい座の神話。

太陽の神アポロンが嘘つきカラスに騙され、誤って恋人コロニスを射殺してしまいました。

その時、コロニスのお腹にいた赤ん坊がアスクレピオスで、ケンタウロス族のケイローンに育てられ、優れた医者に成長しました。

ついに死人まで蘇らせるようになり、冥土の神アデスの怒りに触れて、大神ゼウスの雷によって打ち殺されてしまいました。

その後、父アポロンの願いによって、星座になったとされています。

「ヘルクレス座」

ディズニーのアニメ映画にもなり、怪力として有名なヒーローです。

しかし、そんな華やかな印象とは正反対に、あまり明るい星が無く目立ちません。

天頂付近にあって、へびつかい座のすぐ北寄り、へびつかい座の頭の部分に当たる星、ラスアルハゲのすぐ西に、ヘルクレス座の頭の部分に当たるラスアルゲチと言う星があります。

ヘルクレス座の腰のあたりのすぐ西には、比較的見つけやすい「かんむり座」があります。

ヘルクレス座は、右手に棍棒を持ち、左手にはヒドラの首を持った姿で描かれています。

ヘルクレス座の神話。

ヘルクレスの神話は非常に長い話で、ディズニーのアニメ映画にもなっているので、ここではほんの触りだけ。

大神ゼウスと王女アルクメネーとの間に生まれるのですが、ゼウスの正妻ヘラが何かと横槍を入れ、邪魔をさせられます。

そんな邪魔にもめげずに、12の冒険を成し遂げて、神の一員となるのですが、結局非業の最後を迎えることになります。

そしてゼウスの手により、星座となったのでした。

12の冒険で戦った怪物たちの中に、化け獅子ヒドラ化け蟹がありました。

ですから、ヘルクレス座が東の空から姿を現すと、それらの怪物たちは西の空へと逃げて行くのでした。

「いて座」

いて座の目印は、さそり座の東側に6つの星がひしゃく型に並んでいる、南斗六星です。

北の空にある北斗七星と、似たような形をしています。

いて座の他の星の並びは、今一つよく分かりませんが、南斗六星は比較的見つけやすいです。

南斗六星をミルクディッパーとも呼び、天の川をすくうスプーンにも見立てられています。

いて座の神話。

いて座は、上半身が人間で下半身が馬。そんな姿をしたケンタウルス族であるケイロンが弓を引く姿で描かれています。

ケンタウルス族は野蛮な種族なのですが、ケイロンは音楽の神アポロンと月の神アルテミスから音楽・技術・予言を学び、洞窟に住み、ギリシャの若者たちを教育するようになります。

その内の1人が、ヘルクレスでした。

ある日ケンタウルス族が、酒の席でヘルクレスといざこざを起こし、ケンタウルス族はヘルクレスに追いかけられ、ケイロンの元へと逃げ込みます。

ヘルクレスは恩師ケイロンがいるとは知らずに矢を放ち、運悪く矢はケイロンの胸に命中してしまったのです。

そしてその矢には、ヒドラの毒が塗ってありました。

ケイロンはその毒にもがき苦しみますが、ケイロンは神の子どもであり不死身でした。

しかし、ヒドラの毒はその体から永遠に抜けることはありません。

つまり、死ぬことが出来ないケイロンは、永遠に苦しみから逃れられないのです。

そこでヘルクレスは大神ゼウスに訴え、ケイロンに安らかな死を与えてもらい、ケイロンは星座となったのでした。

「いるか座」

イルカ座は小さな星座で、夏の大三角のすぐ東で、小さなひし形に星が並んでいます。

特徴的な形なので、比較的見つけやすいのですが、あんまり明るくない星の集まりなので、

都会では見つけるのが難しいかも知れません。

いるか座の神話。

コリントスの宮廷音楽だったアリオンは、ある時シチリア島で開催されたコンサートに出場し、見事優勝。莫大な賞金を手にしました。

そして船に乗り込み、帰国の途につきます。

しかしその船の水夫たちは、アリオンから賞金を取り上げ、海へ飛び込むように命じたのでした。

最期を覚悟したアリオンは、紫と金色の衣をつけ、花輪を抱いて船縁へ立ち、最後の歌を歌いました。

するとその歌声に引き寄せられて、たくさんのイルカが集まってきたのです。

歌い終わったアリオンは、海へ身を投げたのですが、大きなイルカがアリオンを受け止め、アリオンは無事に岬まで送り届けられ、コリントス王宮に帰ることが出来ました。

コリントス王は水夫たちを捕らえ、一件落着。

この時のイルカが、星座となりました。

いかがだったでしょうか?

皆さんもぜひ、夏の夜空を見上げてみてください。

それでは、おやすみなさい。

【音フェチ】耳元で飴をなめる~Eating candy~【ASMR】

皆さんこんばんは、黒ごまです。

今回は、耳元で飴を舐める動画を、撮っていきたいと思います。
飴を舐める動画自体は、2本目の動画で出してたんですけど、その時は立体音響にしていなかったので、今回は、リメイクというような形で、もぅ1回撮っていきたいと思います。

*幕間*

前回はコーラ味でしたが、今回はラムネ味にしました。
それでは食べていきま〜す。

*幕間*

最後までご視聴、ありがとうございました。
おやすみなさ〜い。

[ASMR] 紙を触る、破く、折る音 Paper Sounds [囁き声-Whisper]

どうも、ハトムギです。
今回はコチラ!三色和紙… せん?笑 … 和紙せん… かな?
あっこっちには、三色の和紙便箋って書いてありますね。見えるかな?
和紙箋、紙の。

*幕間*

便箋、和紙の便箋です。
中は、こんな感じの、三色の和紙で出来た… まぁでも、便箋って書いてありましたけど、メモ帳っぽいですかね、形は。

こんな感じです。
1枚1枚、全部和紙で出来ています。

*幕間*

笑。風がいきますね。

*幕間*

和紙です。

*幕間*

これは何柄って言うんですかね〜?

*幕間*

もう1つが〜コレ!可愛いですよね〜柄が。
これ〜後ろの方は、青と緑なんですよ。これも和紙なんですよ。

*幕間*

青と緑のやつの方が。量が多いですね。
青をじゃあ、1枚

*幕間*

三色目が〜コレですね!ちょっと花火みたいな柄です。
ピント、合わないですね… エイッ!
なんか真ん中からこう、広がって… 色が広がっていくような感じの模様ですね。こんな感じ。
濃い黄色と、濃い緑があります。
緑は〜何も柄がついていないですね。無地ですね〜。ちょっと横・縦に、線が入っていますが。
まぁ渋い感じで良いですね。

こんな感じです。ス〜ッて、ラインが入っています。

*幕間*

これは〜黄色… オレンジの方が、多いですね。コッチをいただきましょう。

*幕間*

やっぱり、同じ和紙でも、薄さというか、厚み… 紙1枚の厚みが、若干違いますね。
これが1番薄いです。

*幕間*

それで〜コレが2番目!2番目に薄い紙ですね。

*幕間*

それで〜コレ!コレが1番厚いですね。あんまり助けないし。コッチ結構透けますよね。

*幕間*

コレを〜破く音を、ちょっと撮ろうかなと思って。

*幕間*

ハート!皆さんいつも、有難うございます!

*幕間*

バラバラ〜。

*幕間*

パッ!上手くいかなかった。
もっとパラパラ〜ってやろうと思ったんですけど。笑

*幕間*

紙を破く音も、結構良い音ですよね。どうですか?コレ。

*幕間*

凄いワサワサしてます。和紙って感じしますね、コレは。ここが。

*幕間*

まぁ、コレを破く音が、1番好きかも知れません、私は。

*幕間*

もう1枚、使いましょうか。
なんか、こういう紙を見ちゃうと、私、折り紙、折りたくなっちゃうんですよね〜。
皆さん、折り紙折れますか?鶴とか折れない人、たまにいますよね〜。
皆さんちゃんと、折れますか?

*幕間*

ハート!笑
ハートに見えますか?ちゃんと。ちょっと雑に折っちゃったから。笑
ハート!

*幕間*

あとは〜やっぱ、鶴ですかね?鶴、ちょっと折ってみましょうか。
最近、折ってないんですよね。

*幕間*

鶴ってやっぱ〜、千羽鶴とか思い出しますよね〜。
学校… ん〜。中学校とか、小学校の時とか、凄い、何羽も折っていた気がします。
部活とかでかな〜?な… 何であんな折ってたんだろう。思い出せない。笑

あとお見舞いする時とかも、皆んなで千羽鶴折って、持っていったりしてましたね。

*幕間*

皆さんが得意な折り紙、何かありますか〜?
私は〜この鶴と、さっきのハートしか、折れないですね、多分。笑
本とか見れば、折れるんですけど。

あっ前までは、妖怪ウォッチのこの腕につける時計のヤツ、折れましたよ私。

前まであの〜、バイト先で折り紙… まぁなんか、折らなきゃいけない状態になった時に、作り方を覚えましたね。小っちゃい子にモテモテでした、その時だけ。笑

*幕間*

どうですか〜?折り鶴、鶴です!
久しぶりに折りましたね、最近折る機会がめっきり減ってしまって。
「僕は鶴だよ〜」笑 「よろしくね」 バ〜〜〜!

鶴と言えば、鶴の恩返しを思い出しまし… 思い出しますね。
よし!こんなとこですかね。

*幕間*

それでは、和紙!3種類の和紙の〜音、紙の音でした!
紙を破く音、とか、めくる音ですね。
今度、雑誌めくる音とかも。本とか… 本をめくる音とか、録音してみたいですね〜。

それでは、最後までご視聴、有難うございました。
また次回の動画で、お会いしましょう。
じゃあね〜。

【音フェチ】[地声] ペットボトル -binaural-【ASMR】

「ヨ―グリーナ」「いろはす みかん」

皆さんは飲んだこと、ありますか?

私は、自分では買ってないんですけれど、人からいただいて両方飲んだことあります。

なんか… 「味が付いたお水って、どぅなんだろう?美味しいのかな?」と思って、なかなか自分で買う… 勇気がなかったんですが。

いただいたものを飲んでみたら、結構美味しかったので、今回はチョット、飲んでみようと思います。

こちらのリラックマの、夏らしいグラスのコップに注いでいきます。

*幕間*

『透明なのに贅沢 ヨーグルトの味』『おいしくて驚くよ』笑

ではまず、ヨ―グリーナから。コレは… 振るんでしたっけ?振らなくて良いのかな。

*幕間*

ではヨーグリーナ、いただきます。

*幕間*

飲もうとグラスに顔近づけた瞬間、ヨーグルトのかお… 香りがします。

*幕間*

すごくスッキリしています。

それでは、いろはすオレンジ… オレンジじゃない、みかん。

*幕間*

いろはすのこの容器って、すごく柔らかくて、潰せるじゃないですか?

このベッコベコの感じが良いです。

*幕間*

それではいろはす、いただきます。

*幕間*

本当にこれは、薄〜いみかんっていう感じです。笑

*幕間*

いろはすって他にもリンゴと、あとトマト。他にもあるのかな味?

で、本当はリンゴも買ってこようかと思ったんですけど、リンゴは人気なのか売っていなくて。

で、トマトがすっごい沢山ありました。笑

私あの… トマト飲んだことあるんですけど、チョット私はトマトのいろはす… はチョット、だめでした。

なんか、飲んだ後にすっごい口の中にトマトの味が残ってしまって、すごく… もぅ… 苦手です。笑

まぁやっぱり、うんトマトが… トマトだけがあんなに残ってたっていう事は、あんまり… 口に合う人が少ないのかな?と思いました。

でも私の友達で、トマトを「美味しくて大好き」って言う子もいるので。

*幕間*

あっ!ヨーグリーナって550も入ってたんですね。大容量です。

*幕間*

これからもっと暑くなっていって、脱水症状にならないために、水分補給たくさんすると思うんですけれども。

前、テレビだったかな?1度にたくさんの水分を取るのではなくて、こまめに少しずつ取るのが良いと言っていました。

*幕間*

チョットしか飲んでないんですけど、味がついてるからなのか、結構お腹いっぱいです。

*幕間*

『ボーっとする時間』ボーっとする時間って、大事ですよね。

ハイ!お腹いっぱいです。ご馳走さまでした。

【音フェチ】[囁き] 怖い話 -binaural-【ASMR】

*幕間*

『センサーライト』

わたしの家の玄関には、センサーライトがついていた。

センサーの前を人が横切ると自動で電気がつく、アレだ。

別に人間じゃなくても、センサーを遮るものがあれば、パッと電気がつく。

自宅は田舎で、周囲には空き家が多く、おまけに裏手は山で、隣は墓場。

夜になると真っ暗なものだから、このライトには重宝していた。

夜半に尋ねてくる者があれば電気がつくし、遅くに帰宅した時なども暗がりで鍵を探す必要がない。

ただ、常々不思議に思っていたことがあった。

このライトは、誰もいないのに頻繁に電気がつくのだ。

*幕間*

初めは、猫や野良犬なんかが通り過ぎたのに、反応しているのかと考えた。

あるいは、風に飛ばされたビニールなどに反応しているのか、とか、木の枝葉がセンサーを遮ったのだろう、とか、夏などは夜になるとコウモリがよく飛んでいるので、それが原因じゃないかとか、家族でアレコレ予想を立てた。

猫などの獣たちが原因であることは、十分考えられる。おそらく、原因の半分以上はこれだろう。

風が強い日は、風に飛ばされた物に反応しているということもあり得る。

木の枝葉については、センサーの近くにそういう物がないので、却下された。

夏ならば、コウモリも原因のひとつかもしれない。

だが、風がなくても、獣がいなくても、コウモリが活動できる夏じゃなくても、このライトは頻繁に、怪しく灯ることが多かった。

例えば、家族やわたしが玄関付近にいるとき、度々つくことがある。わたしたちの立ち位置はセンサーに感知されない場所だ。

無風で、ゴミも飛んでいないし、猫だっていない。コウモリも飛んでない。なのに勝手に電気がつく。

あるいは、夜、玄関の戸締りをしようすると、パッと電気がつく。

自宅の玄関は、透きガラスと透明なガラスが交互にはめられているので、屋内から玄関の様子がよく見えるのだが、電気がついたことに驚いてガラス越しに外を確認しても、誰もいないし、何もない。

まるでわたしたち家族が、そこにいるときを見計らってつくみたいだった。

*幕間*

あんまりそういうことが起こるので、家族は気味悪がり、ライトが壊れているのかもしれないから、取り換えようということになった。

最初のライトは、わたしがホームセンターで買ってきたものを自分で取り付けた。

二度目のライトは、業者に頼んで取り付けてもらった。

三度目のライトは、やっぱり頻繁につくから不良品だという苦情を言って、業者に取り換えてもらった。

それでもやっぱり、不可解に電気が灯る。

かと言って、取り外してしまうと不便なので、長らくそのまま使っていた。

だが、あることをきっかけに、取り外すことにした。

その日、わたし以外の家族は、みんな外泊する予定だった。

家に帰っても誰もいないので、わたしは仕事帰りに友人と食事をして帰った。

自宅に戻ったのは10時ごろ。田舎住まいとあり、周囲はすでに真っ暗闇だ。

自宅周辺にあるものと言ったら、畑と、空き家と、墓地と山。

おまけに今日は、朝から自宅も空き家。

明かりがともる要素は、何もない。(明かりがともる要素は、何もない。)

駐車場に車を停めて、車内で家のカギを取り出してから、わたしは車を離れた。

その時。玄関のセンサーライトがついた。

*幕間*

わたしはまだ車の近くにいて、センサーが反応するはずはない。

突然ついた灯りにドキッ・・としたが、こういう時は便利なものだと、呑気に考えた。

悠々と鍵を開けて、家に入った時だった。わたしが後ろ手にドアを閉め終えた瞬間、

バンッ・・・!!!

と、玄関のドアに外から体当たりするものがあった。

当然、わたしはその音と衝撃に肝をつぶした。

音はかなり大きく、ドアは体当たりした瞬間、ガタンッと弾かれたように揺れたのだ。

こんな夜にいったい何がぶつかったのか、恐る恐るガラス越しに外を確認したが、玄関には何もいない。

思い切って外に出て、周囲の庭をよく確認したが、体当たりした犯人は確認できなかった。

よりによって家族全員が留守の晩に、気味が悪い。気味が悪いが、仕方ない。

これ以上の犯人探しは無理だろうし、考えても無駄なことだと言い聞かせ、わたしは風呂を済ませて、布団に潜り込んだ。

*幕間*

寝る前に、わたしはいつもアラームをセットする。

目覚まし時計ではなく、携帯のアラームを1分おきに20分間鳴り続けるように、セットしている。

その時も、電気の消えた寝室で布団にあおむけに寝てから、携帯をピッピ操作していた。

操作しながら、うっかり違うボタンを押してしまったのか、思いがけずカメラが起動した。

急に携帯画面に映し出された暗い室内。わたしは慌ててカメラを終了させようとし・・・思わず携帯を放り出してしまった。

画面に映っていたのだ。

天上近くに浮いた、わたしを見下ろす、老人の首が。

わたしはその晩、リビングで寝た。どうにも寝室で眠れそうになかった。

翌朝、放り出された携帯を回収しに、恐々寝室へ戻ってみると、当たり前の話だが、老人の首なんかなく、携帯電話はカーペットの上に転がっていた。

そして、壊れていた。放り出した時、特に壁にぶつけた覚えもないが、携帯の電源は入らなかった。

家族にこの話をすると、みんな馬鹿にしたように笑ったが、みんなが口をそろえて言った。

・・・玄関のライトは取り外そうよと。

『お墓のヒラヒラ』

これは、わたしの母親から聞いた、怖くて奇妙なお話。

母親が生まれ育った場所は、とてつもなく辺鄙な田舎だ。

渓谷沿いのガタガタ道を車で40分も行くと、30軒ばかりの家々が、固まった集落がある。

集落は、山の急斜面にポツリポツリと建っていて、今では年寄りばかりが住んでいるが、母が子供の頃には、もう少し人口も多かったらしい。

この集落には、お盆に行う古くからのならわしがあって、三年以内に不幸があった家は、お盆中の夕方、毎日墓場に行って、提灯に火を灯さなくてはならない。

夏の夕方はまだ明るいから、男の大人たちは山仕事や畑仕事で忙しく、女たちは夕食の支度で手が離せない。

そこで、墓場の提灯に蝋燭を灯すのは、子供の役目とされていた。

誰が提灯に火を灯しに行くか、だいたい兄弟の間で揉め事になり、それならジャンケンで決めようということになるのだが、最終的には、年上の兄弟たちのずる賢さに騙された年下に押し付けられる。

母はそのクチだった。

子どもたちが墓場に行きたがらないのは、遊びたいとか、面倒くさい、とかいう理由ではない。怖いのだ。

母の実家の墓場は集落から離れた山の中にあり、細い獣道を30分ばかり登ってくと、急な山肌に、突然古ぼけた墓碑の群れが現れる、と言った具合で、わたしのような大人でも夕方一人で行くのは躊躇する。

そんな所に小学生ひとりを行かせるなんて、今では考えられないだろうが、当時はどこの家でもやっている当たり前の仕事だった。

*幕間*

役目を言いつけられた子供たちは、まだ明るいうちに出かけるのだが、あんまり明るいうちに蝋燭を灯すと、小さな蝋燭は夜までに燃え尽きてしまう。

人工物など何もない山奥は、日が落ちると提灯の灯りでさえ、家からよく見えるのだ。

暗くなったとき、墓地に灯りが点っていなければ、親に叱られる。

蝋燭に火をつけて、自分が家に帰りつく頃、ちょうど暗くなる時間・・・そんな頃合いを見定めるテクニックが、必要なのだそうだ。

小学校5年生の夏、母が三度目の提灯係りを言いつけられた時の事だ。

三度目ともなると、テクニックは知っているし、低学年より知恵もある。

時間を見計らいながら、嫌々蝋燭とマッチを握りしめて、墓場への道を登って行った。

夕方の山は蝉しぐれと秋の虫が混在していて騒がしい。その騒がしさが怖さを紛らわせてくれる。

真冬のようにシンと静まり返っていたらどんなに怖いか… そんなことを考えている内に、墓地に着いた。

急いで墓に手を合わせ、提灯に蝋燭を差してマッチを擦ろうとした時だ。

母の足元に、何かが見えた。

ヒラヒラ動く、何か。

蝶か蛾・・・?

そう思って何気なく視線を落とした瞬間、ゾッとして血の気が引いた。

そこにあったのは、小さな「手」のようなもの。

赤ん坊の手のようなものが、地面からニョッキリ生えて、手招きするように、ヒラヒラ動いていた。

母がそのまま逃げ出さなかったのは、すごいと思う。

ゾッとしながらも、母はそれをジッと凝視した。

薄暗くなりかけた山の中というのは、ときに、ひどい見間違いをさせるものだと、経験から知っていたから。

「怖い」と思う気持ちが「手」のように見せているのかもしれない・・・そう言い聞かせながら、足元でヒラヒラ動く、白い手のようなモノの正体を見破ろうとした。

見破れなければ、自分はそれに背を向けて、宵闇に沈みゆく山道を、一人で30分も逃げなければならないのだ。

*幕間*

母は、提灯に灯すため、手にしていたマッチを擦った。

そうして、ヒラヒラ動く手のようなモノを照らした。

木立の間にある墓場は、辺りより一層暗い。

マッチの明かりで動くものの正体がきっと明らかになる、そう思ったのだ。

蝶や蛾が、地面で羽を閉じたり開いたりしているのだ。

あるいは、紙くずや花弁の舞落ちたのが、風で動いているのかもしれない・・・だが、よく目を凝らせば凝らすほど、ヒラヒラ動いているものは確かに「手」であり、それは本当に赤ん坊のモノのようにプックリと白い小さな手で、手首から上だけが地面に出て、ヒラヒラとゆっくり、母を手招きしていた。

母はそのあと、自分がどうやって家に帰り着いたのか、覚えていないという。

服はあちこち泥んこになっていたから、おそらくものすごい勢いで、山道を駆け下りて転んだりしたのだろう。

家族の声が家の中から聞こえてきた時、やっと冷静になって、墓場にマッチを落としてきたことを思い出した。

それから急に怖くなった。自分はマッチを落としてきたうえに、提灯に火をつけてこなかったのだ。

以前、あんまり明るいうちから火をつけてしまい、夜になって提灯が点っていなかった時は、親に散々叱られた挙げ句、長男に付き添ってもらって、墓場に火をつけに行かされたのだった。

それを考えると本当にゾッとした。

母は祈るような気持ちで墓場の方角の山を見た。

すると

木々の間からチラチラと、ほのかな提灯の明かりが見える。

今年の盆、墓場に提灯を灯さなくてはならない家は、我が家だけのハズ。

あの灯りは他の家のものではない。

母は狐につままれたような、神様に助けられたような気持になって、そのまま腰が抜けてしまったそうだ。

翌日、母は、仲の良い姉に頼んで内緒で墓場へ向かった。

マッチを落としてきたのを親に知られる前に、回収しなくてはならないと思ったらしい。

兄弟には「手」のことは秘密にしておいた。

話せば一緒に来てくれないに決まっているし、その日の提灯点けの当番が決まらないだろう。

墓場に着くと、あの「手」がヒラヒラしていた場所を警戒しながら眺めた。

手はどこにもない。

マッチは「手」があった所で擦ったのだから、この辺りに落ちているハズなのに、どこにも見当たらない。

腰をかがめて地面をよく探している母に、同行してくれた姉が声をかけた。

マッチ、ここにあるよ

見ると、マッチは自分たちのお墓に供えるように、きちんと墓碑の前に置かれていたそうだ。

『ホテルの怪奇』

友人達と旅行に行った時の話。

わたしたちが宿泊したホテルは、その地域の温泉でも一番大きなホテルで、某有名人もかつて長期滞在したことが自慢の、観光ホテル。

旅行に行く前、友人の一人がわたしにこう言った。

そのホテルはアレが出るってよ

アレ・・・幽霊とか、そういった類いのものだろう。

オカルト雑誌にそのホテルが紹介されていて、どうやら一番古い女風呂に出るらしい。

ホテルに着いて部屋に荷物を置き、みんなで温泉を楽しんで、夕飯を食べながらビールを飲んで、騒いで・・・旅行を満喫した。

一日が終わりその晩、わたしたちが眠りについたのは午前1時ぐらい。

昼間の疲れと、酔いがまわったせいか、みんな布団に横になるなり、イビキをかきはじめた。わたしも10分ぐらいで眠ってしまったと思う。でも、すぐに目が覚めた。

誰かが、わたしの右足首を触っているのだ。

最初は、友人が寝ぼけて触っているのかと思い、気にせず横になっていた。

けれど、足首を触られる感触はどんどん強くなり、気になって眠れない。

何だか腹がたってきて飛び起きると、友人二人は自分たちの布団にちゃんと寝ていた。

おかしいな・・・?

そんなことを思いながら、とにかく早く眠りたかったわたしは、また横になった。

15分くらいすると、誰かが右足首を触る。起きてみても誰もいない。

そんなことを繰り返しているうちに2時間も過ぎた頃だ。

*幕間*

夏だったので、窓の外は明るくなりはじめていた。

寝不足は嫌だったので、わたしは何がなんでも眠りたくて、頭から布団をかぶり、足首を触る手の感触も忘れよう、忘れようとした。

すると、足首を触る感触が不意になくなった。良かった、これでやっと眠れる!! ・・・そう思ったときだ。

今まで足首を触っていた何者かの気配が、わたしの顔の方に移動した。

頭から布団をかぶっていたので、何がいるのかは見えないのに、わたしの目の前に、誰かが顔を近付けて覗きこんでいるのがわかった。

その何者かの息遣いまで、ハッキリ聞こえてくる。

怖いという感覚はなかったものの、脂汗が背中をぐっしょり濡らしていた。

そのまま、わたしと「何者」かは、40分ぐらい掛け布団越しに睨み合っていただろうか。

布団の中にケータイを持ち込んでいたので、時間経過まで覚えている。

怖くはなかったが、このまま眠ったらヤバイ気がした。

でも、布団をはねのける勇気がない。

午前5時になった時だ。わたしのケータイのアラームがピピピピッ! ピピピピッ! と鳴り出した。

旅行に出かける朝、寝坊してはマズイとセットしたままになっていたのだ。

その瞬間、掛け布団越しでわたしの顔をずっと覗き込んでいた何者かの声が、耳元で聞こえた。

・・・・・大丈夫ですよ。

その声を最後に、何者かの気配は消えた。布団をどけてみても誰もいない。

憎らしいことに、友人たちはグーグー寝ていた。

*幕間*

チェックアウトをする時、ホテルの気さくな従業員の一人に、夕べの出来事を話すと、冷静な声でこんなことを言われた。

それはきっと、看護婦さんの幽霊ですよ。

戦時中、このホテルは一時期、日本軍の病院として使われていたことがあるそうですから

そして、ホテルの従業員の中にも、白衣を着た不思議な看護婦さんの姿を見た者が、幾人もいることを、教えてくれた。

【音フェチ】耳元でこしょこしょ+ブラシの音【ASMR】

皆さんこんばんは、黒ごまです。
本日7月18日は、私が音フェチ動画の投稿を始めてから、ちょうど半年になります。
またチャンネル登録者さんが、昨日9000人突破いたしました。

ここまで、動画投稿を続けて来れたのは、視聴者さんのおかげです。
皆様、本当にありがとうございます。

本当は、えーっ記念に… というか、少し変わった事をしようかと思ったんですが、あいにく時間もなく、えーっ、特別な企画のようなものは、するこ事ができませんでした。

なので本当は、やらないつもりだったんですが、リクエストをいっぱいいただいていた「耳元でこしょこしょ」という動画を撮っていきたいと思います。

ただ耳元で、こしょこしょ言うだけだと、つまらないなぁ〜と思ったので、片方の耳を、ブラシでサワサワ撫でながら、もう片方の耳元で、こしょこしょ言っていきたいと思います。
それでは、始めていきます。

こしょこしょ…

*幕間*

それではご視聴、ありがとうございました。
おやすみなさ〜い。

【音フェチ】[囁き] 視力検査 -binaural-【ASMR】

こんにちは。本日は視力検査を行います。

順番にお呼びしますので、呼ばれるまでは近くの椅子に座って、お待ちください。

それでは、1番目の方からどうぞ。

それではまず右目から測っていくので、左目を隠してください。

順番に指していくので、どちらの方向に向いているか、答えてくださいね。

それではいきますよ。

*幕間*

ハイ、終了です。本日のあなたの視力は、右が

*幕間*

1.5。左、

*幕間*

  • 5です。

*幕間*

これからも良い姿勢で本を読んだり、テレビに近すぎないようにしてくださいね。

それでは次の方どうぞ。

右目から測りますので、左目を隠してください。

*幕間*

それでは、次は右目を隠してください。

*幕間*

ハイ、終了です。あなたの視力は、右が0.5。

*幕間*

左が0.6。

*幕間*

次の方、どうぞ。

*幕間*

では次は、右目を隠してください。

*幕間*

終了です。あなたは、右が0.8。

*幕間*

左0.7です。

*幕間*

次の方、どうぞ。

*幕間*

まず、左目を隠してくださいね。それでは始めます。

*幕間*

次は、右目を隠してください。

*幕間*

終了です。あなたは、右0.3。

*幕間*

左0.3。

*幕間*

それでは次の方、どうぞ。まず、左目から隠してください。

それでは、始めます。

*幕間*

では… では次、右目を隠してください。

*幕間*

ハイ、終了ですよ。あなたの視力は、右1.0。

*幕間*

左1.0です。

*幕間*

それでは次の方、どうぞ。まず、左目を隠してください。

*幕間*

それでは次、右目を隠してください。

*幕間*

ハイ、終了です。あなたの視力は、右0.1。

*幕間*

左0.1です。

*幕間*

それでは皆さん、お疲れ様でした。

[ASMR] 木箱とスタンプ・ネイルタッピング nail tapping [囁き声-Whisper]

どうも、ハトムギです。
今日はコチラ!木製の箱をネイルタッピング、していこうと思います。
これは、スタンプが入ってるんですよ。

*幕間*

あっ!この音も結構良いですね。

*幕間*

持つ… 持つのが難しいです。こっちの方が良いかな?あ〜、こうかな。

*幕間*

持つのがっちょっと、安定しなくて、難しいですね。

*幕間*

こんな感じになってます。ちょと汚れっちゃってるなぁ〜。ちょと汚れっちゃってるなぁ〜。笑
本当はちゃんと綺麗に、してる… して… あれ〜?
これでもなんか、一応洗浄はしてるんですけど。使い過ぎちゃって、汚れちゃいましたね。
今はあんまり使ってないんですけど。

*幕間*

どうですかね?笑 音違う… 違い、分かりますか?
でも、木の音の方が、優しい音しますよね〜。

*幕間*

まぁ今回は、これだけじゃないんですよ!
他にもスタンプを持っていまして。
これは、アルファベット〜だったんですけど、アルファベット。
こちらは、ナンバー。数字ですね。数字のスタンプです。
これは、あまり使ってないから、さっきよりは綺麗ですね。笑
「5」全然、使ってないんですかね?スッゴイ綺麗ですね。笑
「9」も綺麗。私の好きなラッキー7は… 綺麗でした。笑

*幕間*

この、開けたり閉めたりする音も、結構良いですね。

*幕間*

そして、最後に。これも、ナンバーですね。こっちより、サイズが小さめになっております。
こんな小っちゃい!可愛いですね♡笑
多分、これとこれの間に、もう1つサイズがあった気がするんですけど。
大きいのか小さいのか、どちらかしか私は使わなかったので、これしか買ってないですね。
まぁ最悪、文字で書けば良いかなみたいな。笑
とこ、ありますからね〜。

*幕間*

これ、映像で見てると気持ち悪くないですか〜?
虫みたいじゃないですか?あっ!カニみたい!笑

*幕間*

結構、音違いますね。

*幕間*

こうかな?笑

*幕間*

下手だな… 本当。

*幕間*

なんか、衰えましたね。ノートの時のタッピングの方が上手だったですよね〜。
最近練習を怠っていたから。笑

*幕間*

ここがパカパカするんで、ちょっと安定感がないですね。
まぁでも、やっぱパカパカする音、私好きですね。カタカタ〜って。

*幕間*

おっと!笑 よそ見してたら、落としそうになっちゃいました。危ない。

*幕間*

それでは、アルファベットのスタンプ、と、数字の大きい方のスタンプ、と、数字の小っちゃい方のナンバースタンプ。
の、タッピング… ネイルタッピングの音、でした!

*幕間*

それでは、最後までご視聴、有難うございました。
また他の動画で、会いましょう。
じゃあね〜。

【音フェチ】[地声] フルーツヨーグルトの咀嚼音 -binaural-【ASMR】

今回は「ヨーグルト」の咀嚼音です。

え〜、食べる前にチョット、余談なんですけれども。

この動画を撮る前に、別の動画を撮っていて、それでまぁその… 延長で今この動画を撮っているんですけれども。

その動画がチョット、大変な… 大変な動画というか、チョット体力的に大変な動画で。

でチョット疲れちゃって糖分が… 体が糖分を欲しているので、あ〜じゃあその続きでヨーグルトの動画も撮っちゃおうかなぁ〜と思って、現在… に至っております。

まぁその動画は、何なのかっていうのは、チョットまだ… もぅ… その動画がアップされているのか、この動画の後にアップされるのか分からないのでまだ、言えませんが。

楽しみにしていてください。

と言いつつ、この動画の前にアップされるかも知れないんですけども。笑

まぁその動画の裏話とかも、雑談動画でお話し出来たらと思ってます。

ハイ。それでチョット前置きが長くなってしまったので、早く食べるよっていう感じなんですが。笑

ハイ、今回食べるヨーグルト。「贅沢果実ブルーベリーヨーグルト」です。

ヨーグルト買いに行った時に、いろいろなヨーグルトがあって迷ったんですが、なんかコレが1番美味しそうだったので、コチラのブルーベリーにしました。

今本当にかなり、なんか… 体というか頭に糖分が、笑 行っていなくてスゴく、なんか… 頭がカラカラな状態なので、コレでチョット補給したいと思います。

*幕間*

かなり、トロットロですね!いただきま〜す。

*幕間*

中にブルーベリーの果肉が入っていて、スゴく酸っぱいのかなぁ〜?と思ったんですけど、甘さと酸っぱさが良いバランスで、美味しいです。

*幕間*

このヨーグルトの咀嚼音、ヨーグルトの水っぽい食感よりも、ブルーベリーの果肉のシャキシャキした咀嚼音の方がチョット、メインに聞こえてしまうかも知れないです。

*幕間*

チョット勿体無いので、蓋に付いたヨーグルトも…

*幕間*

ご馳走さまでした〜。フゥ〜。

なんか、体全体にいろいろなものが染み渡ったような感じがします。笑

*幕間*

え〜チョット、まぁ… 量が少なかったっていうのもありますが、今回はチョット短めの動画になってしまったので、今回はこれで終わりです。笑

それでは皆さん、おやすみなさい。

[ASMR] マッチの音 Lighting Matches (囁き声-Whisper)[音フェチ]

どうも、ハトムギです。
今回は…あっ火が!笑 あれ?

今回はマッチの音。

*幕間*

を、リクエストいただいていたので。
マッチをつけたり消したりする音を、撮っていこうと思います。

マッチつけるのが得意じゃないので、ちょっとミスしてしまったら、ごめんなさい。笑
なんか1回で、バチッて出来ないんですよね!
これも、2回目だったりします。さっき最初のつけるところ。笑

*幕間*

火ついている時に水に入れないと、良い音出ませんかね?ジュッて感じですね。

*幕間*

どうでしたか?今の。今のどうでしたか?笑
まぁちょっと、マッチ勿体無いですけど。

*幕間*

なんか〜この、暗い感じも、ふいんきで… ふ・ん・い・き!笑
すいません。雰囲気出て良いですね!笑

*幕間*

皆さん、マッチって使いますか?
私、全然使わないですね。まず火をそんなに使わないですね。
使ってもやっぱり最近は、ライターとか… そういうの使っちゃいますよね〜。
あっ!ちょっと一発で出来ないとなんか、悔しいですね!

*幕間*

当たり前のことなんですけど、火って熱いですよね〜やっぱり。
ここの上を通るとすごい熱いです。

*幕間*

やっぱり、100円ショップのマッチだからか、すぐ消えちゃいますね〜フッてやらなくても。
ジュッ!

*幕間*

なんかさっきから、1回で決まってないですよね。一発で決めたいですね、次は。
フッ。あれ?笑 言ったそばから、一発じゃ決まらなかったです。

火の… 火の音といえば、今度線香花火とかも、音をしてみたいなぁ〜と思っています。
まっ思っているだけなので、まだちょっとやるかは分からないんですけど。
線香花火のパチパチした音、良いですよね〜。

次は1回で… よし!

*幕間*

この模様も綺麗ですね。グラスの模様。100円ショップなんですけど。笑
皆さん見えてないと思うん… 見えないですけ… 見えないと思うんですけど。
今そっちの、カメラ側の壁が、影絵みたいになってて面白いですね。
影がついています。

残り、3本です。
多分私、いし… 今まで生きてきた中で1番、マッチをしょうし… マッチを消費している日ですね。今日すごい噛んでますね、私。笑

*幕間*

火って見てるだけでも、眠くなってきませんか?
あっ… ちょっと暗くなっちゃった。

*幕間*

残り1本です。
ラストは、1回で決めたいですね!
ハァ〜ヤッタァ!

*幕間*

全部無くなりました。
それでは〜マッチ… マッチの音でした。

それでは最後までご視聴、有難うございます!
よければ他の動画も、ぜひ見てください。
おやすみなさい。

【音フェチ】[囁き] 購入品の開封2 -binaural-【ASMR】

7月に入りました。いよいよ… 夏ですね。

それで先日、とっても夏らしいものを購入してきたので、開封がてら皆さんにご紹介したいと思います。

コチラで〜す。

*幕間*

これらは「サマーカード」と言います。

これは組み立てて飾ったり、メッセージを書いて、お友達とか知り合いの方に送ることが出来るカードです。

『立てて飾れます。』

でココにも、『切手を貼って送ることが出来ます』と、ちゃんと書いてあります。

*幕間*

ハイこれらを、チョット組み立ててみます。

*幕間*

これが、中に同封してある。これが封筒になっているんですね〜。

*幕間*

人に送るときは、こぉゆう封筒に入れて送ってくださいって事ですね。

*幕間*

ここに、メッセージが書ける紙が。

*幕間*

これを、組み立てましょう。

*幕間*

これはもぅ、折り目をつければすぐに、組み立てられるタイプですね。

*幕間*

ハイ、完成です。

風鈴と朝顔。それからスイカと、なんか気持ち良さそうにしている猫。

やっぱり日本の夏と言えば風鈴と朝顔とスイカですよね。

しかもこぉゆう… 何て言うんですか?プラスチックっぽい素材なので、スゴく涼しげですね。

*幕間*

2つ目は。

*幕間*

これを、折り目をつけて。ハイ、完成です。

チョット中の金魚が絡まって… チョット救出… 救出… 救出しよう。

*幕間*

あっ!大丈夫です。

ハイ、金魚が泳いでおります。

*幕間*

あっ!あんまり揺らしちゃうと金魚が。笑 飛び出てしまいます。

これも涼しげで、スゴく良いですね。

コチラも、裏面にメッセージが書けます。

*幕間*

そして3つ目。

*幕間*

コチラはさっきの2つとは違ったタイプで、なんと団扇です。

大好きなトトロの… 団扇です。

これは、トトロが2種類くらいありました。多分これ… ともぅ1種類あったと思います。

コチラも裏面に、メッセージが書ける仕様になっています。

そしてこれは、これもさっきのサマーカードと同じで、封筒に入れて送ることが出来るし。

あとはなんと、これ自体に切手を貼って送ることも出来るみたいです。

ココに、書いてあります。

これが、お家に届いたらビックリですよね。こぉゆうのも、ハガキの代わりになるんですね〜。

お友達に送っても良いし、お家に飾っても良いし、暑い時に仰いでも良いし。笑

*幕間*

あっ!でも、ちゃんと涼しいです。団扇としても充分使えます。

これ、竹団扇なのでスゴく、作りがしっかりしています。

全然あの… ペラペラしてないから、強度もそれなりにあるし。

あぁ良いですね。涼しい。笑

*幕間*

あの… マイクに風が入って、ボウボウ言ってしまったらスミマセン。可愛い。

これ、ちゃんとまっくろくろすけもいます。笑 小っちゃい。

ジブリのシリーズは他にもありました。何だっけな?魔女の宅急便とか、あと… ハウルもあったかな?

*幕間*

サマーカード、結構何種類くらいだろう?50種類以上はあったと思います。

本当にどれも夏っぽくって、こぉゆう金魚とか、あと… 花火とか、朝顔とか、ホタルとか、ペンギンとか。

本当にいろいろな種類があって、かよ… 通うの違う。買うの迷って… しまいました。

*幕間*

なかなか普段、人に手紙を書くことってないと思うんですけれども。

こぉゆう凝ってるカードとか、可愛いデザインのものを探すだけでも楽しいし、やっぱりこぉいう凝ったもので受け取る側も楽しめて嬉しいと思います。

なのでこれからの季節、暑中見舞いとかでお友達や知り合いに送ってみるのも良いと思います。

*幕間*

うん、コレが1番好きです。笑

*幕間*

これからますます暑さが増してきたり、かと思ったら急に大雨が降ってきたりと、まだチョット不安定な天気が続くところもあるかも知れませんが、皆さん、お体にお気を付けてしっかり夏を、一緒に楽しみましょう。

それでは、おやすみなさ〜い。

【音フェチ】[囁き] 英単語を読む -binaural-【ASMR】

abroad「外国で」「海外へ」

actually「実は」「実際に」

especially「特に」「とりわけ」「特別に」

eventually「結果的に」「最終的に」

exactly「ちょうど」「正確に」

frequently「しばしば」「頻繁に」

generally「一般的に」「普通は」

however「しかしながら」「けれども」

recently「最近」「この頃」

there fore「それゆえ」

maybe「おそらく」「たぶん」

absolutely「絶対に」

alike「同様に」

apart「離れて」

constantly「絶えず」「常に」

directly「まっすぐに」「直接に」

entirely「完全に」「全く」

fairly「かなり」「公平に」

forever「永遠に」

fully「完全に」「十分に」

gradually「次第に」「ゆっくりと」

necessarily「必然的に」

nevertheless「それにも関わらず」

normally「通常は」「普通は」

obviously「明らかに」

occasionally「ときどき」

properly「適切に」

rapidly「素早く」

aloud「声に出して」

altogether「完全に」「全体で」

barely「かろうじて」

commonly「一般的に」

consequently「結果的に」

deliberately「慎重に」「故意に」

effectively「効果的に」「事実上」

essentially「本質的に」

firmly「しっかりと」「断固として」

increasingly「ますます」

literally「文字通りに」

practically「実質的に」

regardless「にも関わらず」

regularly「規則的に」

roughly「大雑把に」

steadily「着実に」「しっかりと」

undoubtedly「疑いなく」

relatively「比較的に」

possibly「ひょっとすると」

somehow「何とかして」「どういうわけか」

immediately「すぐに」

merely「単に」

afterward「のちに」「以後」