ASMR(囁き)耳をオイルマッサージ、ふわふわ耳かき👂Oil massage, ear cleaning

今日は久し振りに耳かき、そして耳のオイルマッサージをします。

*幕間*

ゾワゾワ…

*幕間*

フワフワ…

*幕間*

柚子&ジンジャーのオイル。

耳のオイルマッサージをしていきますね。

*幕間*

それでは、おやすみなさい。

ASMR(地声)アンドロイドとバレンタインデー💖🍫Valentine’s day with Android

お帰りなさいませ。

21時3分35秒ご帰宅です。

ご友人とのお食事は、楽しまれましたか?

それは、良かったですね。

何を召し上がったのですか?

ラーメン。

ラーメン。

私の記録によると、ラーメンを召し上がったのは、今週4回目です。

ラーメンは、塩分が多く含まれます。食べ過ぎには、注意してください。

明日の夜ご飯は、お家で召し上がりますか?

では、野菜多めのメニューを考えます。

野菜のレシピを検索します。

検索中…

検索中…

検索しました。野菜たっぷりのヘルシー鍋、でよろしいですか?

かしこまりました。

お風呂の準備が整いました。

寝室の準備をいたしますので、お風呂でゆっくり疲れを癒してきてください。

お風呂はいかがでしたか?

それは、良かったです。

「マッサージ」顔・両腕・肩のマッサージですね。かしこまりました。

ではまず、顔のマッサージを始めます。顔にクリームを塗ります。

*幕間*

目を閉じて、肩の力を抜いてください。

*幕間*

続いて、顔の老廃物をカッサで流していきます。

*幕間*

終了です。腕のマッサージを始めます。

オイルはローズ・ラベンダー・ユーカリ・レモングラス・ゆず&ジンジャーがあります。

どれがよろしいですか?

かしこまりました。

*幕間*

ではまず、右腕を出してください。

袖をまくってください。

*幕間*

マッサージの強さは現在、5段階中3に設定しています。

設定を変更しますか?

「変更しない」かしこまりました。

*幕間*

終了しました。次は左腕を出してください。

袖をまくってください。

*幕間*

マッサージは終了しました。

「アラームの設定」明日の起床時間は、午前6時でよろしいですか?

はい、アラームを6時に設定しました。

現在の時刻は、23時41分12秒です。

そろそろ、おやすみになられますか?

何でしょうか?

今日?

今日は2019年2月14日木曜日です。

「今日は何の日?」検索します。

今日2月14日は、バレンタインデー。ローマ時代のキリスト教殉教者ウァレンティヌスの祝日。2月 14日がこれにあたり,この日には友人や恋人の間でカードを交換したり,贈物をする習慣がある。

感謝、ですか?

私は、あなたにお仕えするメイドのアンドロイドです。

あなたの身の回りのお世話をする事が、私の仕事です。

あなたの生活のサポートのために、私は存在しています。

お役に立てて何よりです。

これは何でしょう?

*幕間*

解析中… 解析中…

解析の結果、これはチョコレートと判明いたしました。

私への感謝を込めてプレゼントですか?

ドライバー。

ソケット。

ラチェットレンチ。

スパナ。

ペンチ。

モンキーレンチ。

もう1つ、あるのですか?

*幕間*

ボルトとナット。

*幕間*

これらは、何だか見覚えがあります。

私の体のメンテナンスに、よく使用される工具たちです。

これらは、チョコレートで出来た工具ですか?

とてもよく、出来ていますね。

私へのプレゼント、ありがとうございます。

私の体は、バッテリーで稼働しているため、食品などから栄養をとる必要がありません。

しかし、人間と近い体の構造をしています。

人間と同じように食べる事も、可能です。

それでは、頂戴いたします。

*幕間*

はい、とても美味しいです。

素敵なプレゼントをありがとうございます。

心が、とてもポカポカします。

おやすみになる前に、ホットミルクいかがですか?

かしこまりました。では、用意して参ります。

お待たせいたしました。

蜂蜜入りのホットミルクです。

あっ、申し訳ありません。かき混ぜるのを忘れていました。

かき混ぜる物を、発見いたしました。

*幕間*

溶けてしまいました。

ホットミルクチョコレートになりました。どうぞ。

それでは、ユックリおやすみになってください。

良い夢が見られますように。

ASMR(囁き)カラフル✨緩衝材を触ったり針で刺したり

これは、一体何でしょう?

*幕間*

これは緩衝材です。とってもカラフルですよね〜。

*幕間*

これはいつか… だいぶ前ですけど、ネットで買い物をした時に緩衝材としてこちらが入っていました。

*幕間*

カラフルで綺麗だし、可愛いし、いつか動画に使えるんじゃないかと思って、何ヶ月もず〜っとしまっていました。

でもなかなかその出番が来なくて… というか、忘れてたというのもあるんですけど。

やっと数ヶ月の時を経て、やっと動画にします。

*幕間*

では次は、緩衝材を針でプスプスと刺します。

*幕間*

それでは、カラフルな緩衝材でした。

おやすみなさい。

ASMR(囁き)タッピングしながら購入品紹介10 Purchased items

今日も1日、おつ華凛です。

今回はと〜っても久し振りに、購入品の紹介をします。

紹介はいつ振りだろう?去年1度やったかな?

今回はダイソーで購入しました。まず、

*幕間*

ガムテープ。笑 これは紹介しなくても良いか?でも、音が良いので一応。

*幕間*

2つ目が、詰め替え容器。

*幕間*

これはシリコンのチューブ容器です。シリコンなので、中身がスゴく出しやすいです。

*幕間*

「説明書とかの説明文を淡々と読む声が好き」というコメントも時々いただくので、チョット読みますね。

*幕間*

『初めて使用する際は、中性洗剤でよく洗い、完全に乾燥させてからご使用下さい。

本品に熱湯・シンナー・アルコール類・除光液・化学薬品・燃料・その他取り扱いで危険を伴う液体は入れないでください。

本品に調味料・食用油・食材などを入れないでください。

内容物によっては色移りすることがあります。

粘度の低い液体は、入れないでください。

脱色クリーム・染毛クリームなど、化学反応の高いものは入れないでください。

電子レンジ・オーブン・食器洗い洗浄機・乾燥機・冷凍庫で使用しないでください。

高温になるところや火のそばに置かないでください。変形や破損の恐れがあります』

続いてが、ノート。可愛くないですか?笑

*幕間*

このノートは、何に使うかと言うと、私ここ1〜2年くらいスケジュール帳を持ち歩いていないんですね。

スケジュール管理は全て、スマホでやっています。

*幕間*

で、スマホにもまぁ日記とまではいかないんですけど、その日あった事とかを簡単にあの… 呟けるアプリに入力しています。

でも、何か… どこか旅行に行ったりとか、どこかに行って遊んだとか、何か思い出に残る出来事を1冊のノートにまとめたいなと思って。

で最近は、いろいろマスキングテープとか、シールを持っているので、チョットいろいろデコレーションしながら、思い出のノートを作ってみようと思って。

*幕間*

中は無地のノート。

*幕間*

やっぱりもぅ最近はずっと、スマホとかパソコンとかで文字を打つことが多くて、手書きで何かを書くという機会が少なくなっているので、チョットこれを機会にこのノートを沢山埋めていきたいな。

*幕間*

そしてこのノートを作るためにもいろいろ買ってきていて。

*幕間*

『SARASAクリップ ボールペン』色がミルクレッド。

*幕間*

これもぅ一目惚れでした。ウェイクシール。

*幕間*

これは猫で、猫のウェイクシールで50枚。10個のデザインが5組ずつ入ってる。見えるかな?

*幕間*

ぃや〜可愛い♡

*幕間*

色が薄くて、淡い感じなので見えないかも?水色のボーダーの洋服を着ている、ミケ猫。

あっ!裏表逆だった!こっちだ。

赤いリボンを巻きつけている、茶色の猫。

*幕間*

これもリボンを巻きつけている… ブラウンかな?黒ではない多分… ブラウンの猫。

あっいや、黒猫かもしれない。

*幕間*

ピンクの… ピンクのTシャツ着てる猫。

*幕間*

紫のTシャツを着た猫。

*幕間*

首にリボンを巻いている猫。

*幕間*

緑… エメラルドグリーンっぽいチェックの服を着ている猫。

*幕間*

蝶ネクタイをしている猫。

*幕間*

赤い服を着ている猫。

*幕間*

あっ可愛い!最後は、頭にお花をつけている猫。これが1番好きかも。

*幕間*

あとシールをもぅ1枚。『マスキングシール 透ける質感』

*幕間*

4… 4枚入ってます。

*幕間*

これは、ノートの周りを彩ったりする時に使おうかな。

*幕間*

『テープのり』

*幕間*

まぁごくごく普通のテープのり。ここを開けて、まぁ普通にこぅやって付ける。

*幕間*

そして最後。

*幕間*

『ドキュメントファイルミニ』

*幕間*

中身がこぉやって広がる、ジャバラタイプ。

*幕間*

7ポケッ… 7ポケット、あります。

*幕間*

さっきのこぉゆう、細かいシールとかをまとめて入れる… 入れるのに、使おうかなと… 思ってます。

あと、あの… お正月に出した年賀状を書く動画に使った、このイノシシのシールもしまってお… しまっておかなければ。

まぁこれ使うのが次、12年後。笑 12年後ですね。

12年後… 12年後は私、何をやっているのかなぁ?笑

*幕間*

あと、もぅだいぶ前に… 何年も前に買ってほとんど使っていないシールが、何枚もあるんです、実は。

これもチョット積極的に使っていこう。

そぅなかなかね、使う機会がなくて、ずっとしまいっぱなし。

星・スイーツ系・小動物・ハート・これは、なんか食べ物とかいろいろなものが。

これは唯一、何枚か使っていますが。これ以外はほぼ使っていないから勿体無い。使わなきゃ!

これはさっきのこのファイルには入らないので、クリアファイルとかにまとめて置いておこうかな?

という事で今回は、ダイソー… ダイソーじゃない、セリアの購入品でした。

何かオススメの商品とかあればゼヒ、教えてください!

それでは、おやすみなさい。

ASMR(囁き)いちごの日🍓いちごの咀嚼音

*幕間*

本日1月5日はイチゴの日という事で、イチゴをたくさん食べていきます。

まずは、先ほど包丁でカットしたイチゴを。美味しそう!

いただきま〜す。

*幕間*

ハイ!あっという間に食べ終わってしまいましたが、え〜実はもぅ1パック用意していて。

今度は練乳をかけて食べます。

*幕間*

もぅ少し、追加しようかな。

*幕間*

たっぷり…

*幕間*

ご馳走さまでした。

ASMR(地声)Happy new year!!🎍年賀状を書く

2019年、あけましておめでとうございます。華凛です。

皆さんはどのようなお正月を過ごされていますか?

今回は、新年最初の動画という事で、年賀状を作ってみました。

ゼヒ最後までお楽しみください。

今回用意したものは、

*幕間*

ウッドスタンプ。ローマ字のものと、この数字のスタンプ。そしてスタンプのインク。

*幕間*

これはフレークタイプのイノシシのシール。

*幕間*

そして、お花のシールです。

*幕間*

ハサミがない… あった!

*幕間*

で、上にHappy New Yearってスタンプを押したいんですよね。

*幕間*

Happy…

*幕間*

Happy New Year…

*幕間*

ちょっと薄くなっちゃったな。

*幕間*

New…

*幕間*

Year…

*幕間*

ん〜やっぱりこの大きいやつは、真ん中ですよね。

*幕間*

2019年…

*幕間*

それでは皆さん、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

素敵なお正月を過ごしてください。

では、おやすみなさい。

ASMRリメイク5 グミの咀嚼音 Eating gummy

皆さん、こんばんは。今回はグミを食べてみたいと思います。

*幕間*

コチラで〜す。

*幕間*

『ひと粒リフレッシュ 濃いピュレグミ 甘酸っぱいベリー&ベリー味 コラーゲン& ビタミンC入り』

*幕間*

甘酸っぱいです。

*幕間*

ハート型。

*幕間*

『名称:グミキャンディー

原材料名:砂糖、水飴、ゼラチン、濃縮果汁、コラーゲンペプチド/酸味料、増粘剤(ペクチン)、炭酸カルシウム、香料、ビタミンC、着色料

内容量:52g

保存方法:直射日光のあたる所、高温多湿での保存は避けて下さい』

*幕間*

このグミって基本的にハート型のグミなんですけれども、たまに星型も入ってるみたいです。

でも今のところ、星型は無さそうですね。

*幕間*

『本品は乳を含む製品と共通の設備で製造しています。高温や時間の経過により、溶けたり、風味・色が変わる場合があります。歯科治療剤が取れる場合があるので、ご注意ください。切り口や袋の端で手を切らないように、ご注意ください。喉に詰まらないように、ご注意ください』

*幕間*

『栄養成分表示:1粒3.5g当たり、エネルギー:12.3kcal、たんぱく質:0.15g、脂質:0g、炭水化物:2.93g、食塩相当量:0.009g、ビタミンC:2.80mg、コラーゲン:136.2mg』

*幕間*

それでは、また〜。

10万人記念の動画のお知らせ!

*幕間*

今回は、お知らせがあります。

耳掻きをしながら、まぁユッタリとお話ししていくので、ゼヒ最後までご覧ください。

少し前の話になりますが、今年の夏にこの動画のチャンネル登録者数が100,000人を突破しました。

その時に100,000人を記念して何か動画を作りたいな、と思っていました。

まぁ何か動画を作り…作ろうと思いますっていう事は、以前YouTubeライブの中でも少し、お話しはしたんですけども。

なかなか… ん〜どういう内容でしようかな?と迷っていたんですけれども、この度遂に、良い音決まりましたので、それをお知らせ致します。

私の動画を見てくださっている方は、もぅ本当に投稿初期の頃からずっと見てくださっている方、そして最近何かのキッカケで私の動画を見始めてくださった方とか、本当にいろいろな方がいらっしゃると思います。

ず〜っと動画を見てくださっている方には、「あっ懐かしいな〜」って思ってもらえたりとか。

そして最近この動画を見始めてくださった方には、「あっこぉゆう動画があったんだ〜」って思ってもらえるかな〜?と思い。

そして初心に帰る… という意味も含みまして、私が動画投稿を始めた最初の5本をリメイクする事にしました。

ハイ、その最初の動画は、2013年5月12日から… ですね。

もぅ本当に「そんな前だったんだぁ〜」って自分でもビックリします。

そしてその最初にリメイクする最初の5本というのが、え〜っとまず1番始めが「紙を捲る」

そして2本目が、え〜っと… 「みかんの咀嚼音」

そして、え〜っと… 「トランプ」

そして4本目が、「タイピング」

そして5本目が、え〜っと… グ… グ… グミを、笑 グミを…「グミの咀嚼音」の動画!

コチラの5本を今回、リメイクして撮影しました。

その動画を公開する日にちも、もぅ既に決めております。

まず1本目は12月1日土曜日の21時から。

そして2本目が、1週間後の12月8日の土曜日21時。

そして3本目が、12月15日の土曜日21時。

4本目が、12月… 笑 22日の土曜日21時。

そして5本目が、12月29日の土曜日21時、に公開いたします。

ハイ、え〜っと5本をね、12月のうちに、え〜1週間毎に公開しようと思っています。

そして、まぁリメイクという事で、え〜っとまぁその5年半前… その投稿した当時のあの… 洋服とか使っていた小物とか… まぁさすがにね、全く同じものがもぅ… 持っていないので。

似たようなものを… をあの… まぁ洋服… 似たような洋服を着たりとか、似たような小物を用意して、まぁ当時の動画を再現した形にしています。

あのリメイクをするに当たって、改めて自分の動画を見返したんですけど、もぅ… 本当に恥・ず・か・し・い!笑

恥ずかしさと懐かしさ?…でもぅ、あの本当になんかいろんな気持ちが、笑 蘇ってきました。

でも本当に懐かしいな!っていう気持ちが大きかったですね。

基本的に自分の動画って公開した後は、もぅ見返す事が無いので、なんかどんな事喋ってたかな?とか、もぅスッカリ忘れていました。

という事で、12月の5週間に渡って動画を5本リメイクしたものを公開しますので、ゼヒあの… まぁその動画をね、何回も見てくださっている方もいると思うし、見たことないっていう方もいらっしゃると思うので、まぁこんな動画があったんだぁ〜って思うキッカケになれば嬉しいです。

では、その5本の動画を皆さん楽しみに待っていてください。

では今回は、短かったですが、お知らせ動画でした〜。

もぅいよいよ12月になりますね〜。なっちゃいますね〜。年末ですね〜。

そしてクリスマス… ですか。ハイ。笑

まぁこれからね、あの… まぁ寒さも本格的になってくるし、いろいろと忙しくなってくる時期なので、体調に気を付けつつね、年内過ごしていきたいなと思っております。

あと最後にもぅ1つだけ、お知らせします。

え〜っと11月29日… ハイ、11月29日21時に、お肉を食べる動画を出したいと思います。笑

ハイ、11月29日は… ね、何の日でしょう?

ね、良いお肉の日ですね!その日にお肉を食べる動画を出したいと思いますので、笑 そちらもゼヒ、楽しみに待っていてください。

それでは、おやすみなさい。

ASMRリメイク 3トランプ Card games

今回は、トランプを使っていろいろ音を出していきます。

そして厳密に言うと、トランプが家に無かったのでUNOを使います。

*幕間*

コチラです。ドラえもんのUNOです。

*幕間*

UNOって… ローカルルールみたいなのって、あるんですかね?

*幕間*

前に友達とやった時に、微妙にルールが違ってたので。

*幕間*

そぉゆうローカルルールあるのかな?…って、思いました。

*幕間*

それでは、また〜。

ASMR(囁き)いい肉の日🍖焼肉を食べる Eating yakiniku

今日も1日、おつカリンです。華凛です。

本日11月29日は何の日でしょうか?

はい、その通り。「いい肉の日」です。

という事で今日は、お肉を食べたいと思います。

いつも咀嚼音の動画を撮る時は、大抵無言… か、あまり喋らないように心掛けてはいるんですけれども、今日はまぁ少し雑談も交えつつ、食べていきたいと思いますので、ご了承ください。

あっ食べる前に、この背景… 背景が変わったのですが。笑

まぁクリスマスも近いという事で、少しライトを点けてみました。

あまり私に隠れて見えないと思いますが、暫くはこの背景で撮影してみようかな?

では、もぅ私のお腹も限界になってきているので、早速お肉を食べましょう。

ビックリした!ちょうど「お肉を食べます」って言った後に、ピンポンが鳴って、宅配の荷物が届きました。笑

では、お肉がこちらで〜す。

もぅ既に… 本当は焼いてるところもお見せしたかったんですけど、チョットキッチンが映せないので、もぅ既に焼いてあるお肉です。

美味しそう!笑

これは、柔らかハラミのみそ漬け… だったかな?

もぅ味が染み込んでとっても美味しそうです。

因みにえ〜っとこれは、400グラムあります。

そして、白米も用意いたしました。

*幕間*

じゃん!これ、わかる方いらっしゃるかな?

*幕間*

結構前の、ローソンであの… ポイント集めてもらった、リラックマのお茶碗。

*幕間*

こちら大事に使っております。

本当に私いま、何も食べていなくて、お腹がペコペコの状態です。

では、いただきます。

*幕間*

やっぱりあの… お肉にしっかり味噌が漬け込んであるので、味が濃くてメチャクチャ美味しいです!

*幕間*

多分この、ご飯の量とお肉の量が、合わない気がします。

絶対ご飯… これだけじゃ足りない。

*幕間*

これは、ウーロン茶です。

*幕間*

このお肉が、もぅスッゴく… スッゴく柔らかい… 柔らかいのでホント食べやすい。味も濃いし、しっかり染み込んでるし柔らかいし、もぅ最高のお肉ですね。笑

*幕間*

もぅすっかり寒くなって… っていうかもぅ12月になっちゃいますね。

やっぱりこの時期って… ね〜、寒い時期って、お鍋とかしゃぶしゃぶとか、そぉゆうのがもぅ1番美味しい季節ですよね。

皆さんは、しゃぶしゃとか焼肉とかよく食べにいきますか?

*幕間*

あぁそうそう。本当は野菜も一緒に買ってきて、食べようと思ってたんですけど、もぅすっかり忘れてました。

せっかく味噌… 味噌漬けなので、この味噌に絡めてお野菜も一緒に食べたら絶対美味しいじゃないですか?

… うん、忘れてきちゃったなぁ。残念。

*幕間*

せっかく焼肉を食べるんだったら、あの… カメラの目の前でジュウジュウ焼きながら食べてみたかったんですけど、チョット環境的に難しかったので、予め焼きました。

*幕間*

笑。今日は雑談を交えながら食べるって言いつつ、お肉に夢中になっちゃいますね。

*幕間*

いま思ったんですけど、焼肉を食べる動画で、何で白の… 白の服を着てきてしまったんでしょう?

でも、大丈夫。汚れてないです。笑

*幕間*

お肉も、残り僅かです。チョット時間経って、お肉が冷めてきてしまったんですけれども、でもあの… 全然お肉、硬くなる事はないですし、美味しいです、冷めても。

*幕間*

さてお肉も残り、1切れです。

*幕間*

ご飯… ご飯は、足りないかな?って思ってたんですけど、上手い事ペース配分をして、はい、最後の1口まであの… 上手い事残せました。

*幕間*

ご馳走さまでした。

*幕間*

はい、もぅ満足です。お腹いっぱい。

今年の11月29日は、なんか焼肉を食べたいなぁって思っていたので、この日が来るのをずっと楽しみにしていて、お肉をね準備しておりました。

皆さんもゼヒ、あの… 一緒にお肉を食べながら、ね!この動画を見ているかわからないですけど、笑

それでは、おやすみなさい。

ASMR(囁き)クレヨンでぬり絵 Coloring in crayons

『大人の塗り絵』

*幕間*

クレヨンを使って、塗り絵を塗っていきます。

*幕間*

いろいろなお花の絵がありますね。

*幕間*

どれにしようかな?

じゃあまず、このバラかな?バラから塗ります。

*幕間*

はい、バラの完成〜。どぅでしょう?

クレヨンだと細かいところがね、塗るのが大変ですが、なかなか楽しいです。

*幕間*

では次はこの、アサガオ。青いアサガオ。

*幕間*

では次は、このピンクの可愛らしいお花にします。

何のお花だろう?これ。

*幕間*

はい、このピンクのお花も完成しました。

*幕間*

それでは、大人の塗り絵はこの辺で、終わりにします。

*幕間*

それでは、おやすみなさい。

【ASMR】[囁き]4種類の手袋の音 4 types gloves

*幕間*

レザーの手袋。

*幕間*

ゴム手袋。

*幕間*

コットンの手袋。

*幕間*

ポリエチレンの手袋。

この4種類の手袋を使って、音を出します。どの音が好みだったか、是非コメントに感想を残していってくださると、嬉しいです。

まず1つ目は、

*幕間*

レザーの手袋。

お気付きの方もいるかもしれませんが、このレザーの手袋は10月31日に出したハロウィン動画で着用していた手袋です。

*幕間*

2番目は、ゴム手袋。

*幕間*

ゴム手袋の動画は、え〜っと… いつだろう?3年前か4年前くらいにも動画を出した事があります。

*幕間*

3番目は、コットンの手袋。

*幕間*

そして4番目は、ポリエチレンの手袋。

*幕間*

以上、4つの手袋の音、いかがだったでしょうか?

素材によって、音って本当に変わりますよね。

それでは、おやすみなさい。

【ASMR】[地声/囁き] おやすみ。Good night😴🌙

ん?あれ?起きてるの?どぅした?

途中で目が覚めて、それから眠れなくなっちゃった?

そう。じゃあ眠くなるまで、お姉ちゃんとお話でもする?

良いよ。

ん?あぁ、お姉ちゃんがプレゼントであげたパジャマ、暖かいでしょ?

プレゼントしたその色と、他の色とで迷ったんだけど、今着てるその色が、すっごく似合ってる。良かった。

去年あげた手袋とマフラー、今年も使ってくれてるんだ。嬉しい。

え?あぁ、そんなに高いものじゃないよ。

でも、プレゼントしたものを大事に使ってくれてるのは、すごく嬉しいね。

う〜ん、そぅだね〜。この間まであんなに暑かったと思ったら、もぅ秋。

そして冬だもんね〜。

風邪引きやすいんだから、手洗いうがいしっかりして、気を付けないとね。

あっそういえばもうすぐハロウィンだね。

ん?様々、ハロウィンて何なのかって?

もともとは、秋の収穫を祝うもので、悪霊や魔女を追い払う宗教的な意味合いが強かったんだけど、まぁ今では、ほとんどそういうものはなくて、イベントとして楽しまれているみたい。

ハロウィンは、古代ケルト人が起源と考えられているお祭りのことなの。

古代ケルトは11月が新年で、10月31日が大晦日なのね。

10月31日の夜に、先祖の霊が家族に会いに戻ってくると信じられていました。

私そこに悪霊も一緒にやってきて、作物に悪い影響を与えたり、子供をさらったり、現世の人間たちに悪いことをするから、悪霊を追い払う方法は何かないかな〜って考えて、それで仮装をしたり、魔除けの焚き火を行ったと言われています!笑

かぼちゃ?あぁ、ジャック・オー・ランタンの事?

ジャック・オー・ランタンは、ランタン持ちの男って言う意味なの。

生前に堕落した人生を送ったまま死んだ者の魂が、死後の世界への立ち入りを拒否され、悪魔からもらった石炭を火種にし、しなびて転がっていた株をくり抜いて、それを入れたランタンを片手にさまよっている姿なんだって。

そう、うん。元々はジャック・オー・ランタンってカブだったの。

昔のアメリカでは、カブよりかぼちゃの方が手に入りやすかったから、カブからかぼちゃに変わったらしいよ。

怖い顔にくりぬいて、部屋の窓辺とかに飾ると魔除けになるんだって。

うん、みんなで仮装して集まるのも楽しそうだよね。

ん?仮装するなら何になりたいか?

う〜ん… そぅだなぁ。魔女、ゾンビ、黒猫… あっ!ドラキュラなんかも良いかも。

トリックオアトリート。お菓子をくれなきゃ、イタズラしちゃうぞ!笑 なんてね。

どう?そろそろ眠くなってきた?

それより聞いて欲しい話がある?もぅ、眠気はどこに行っちゃったの?

来月、誕生日の子がいるの?

うん、うん、誕生日プレゼントかぁ。その人がどんな人かにもよるけど… あっ!もしかして、好きな人?

えっ?笑 うそ!絶対好きな人でしょ!怪しいなぁ。笑

その子はどんな感じの子なの?

うん、うん、へ〜そぅなんだ。

ううん、すっごく楽しそうに話すんだなーって思って。笑

からかってないよ。

うん、うん、そっか〜。その子は何色が好きなの?

うん、服装はどんな感じ?

うん、うん、うん、あっ!写真見せてよ!無い?うそ〜、持ってるでしょ?

笑。恥ずかしい?

じゃあ今度の休みに、一緒に買い物に行こうよ。

どんなプレゼントが良いか、一緒に探そう。

よしよし。頭撫でられていると、眠くなってくる?

うん、じゃあしばらく撫でてあげるよ。

*幕間*

どぅ?眠くなってきた?

それじゃあ、羊を数えてあげるね。

羊が1匹、羊が2匹、羊が3匹、羊が4匹、羊が5匹、羊が6匹、羊が7匹、羊が8匹、羊が9匹、羊が10匹、

羊が11匹、羊が12匹、羊が13匹、羊が14匹、羊が15匹、羊が16匹、羊が17匹、羊が18匹、羊が19匹、羊が20匹、

羊が21匹、羊が22匹、羊が23匹、羊が24匹、羊が25匹、羊が26匹、羊が27匹、羊が28匹、羊が29匹、羊が30匹、

羊が31匹、羊が32匹、羊が33匹、羊が34匹、羊が35匹、羊が36匹、羊が37匹、羊が38匹、羊が39匹、羊が40匹、

羊が41匹、羊が42匹、羊が43匹、羊が44匹、羊が45匹、羊が46匹、羊が47匹、羊が48匹、羊が49匹、羊が50匹、

羊が51匹、羊が52匹、羊が53匹、羊が54匹、羊が55匹、羊が56匹、羊が57匹、羊が58匹、羊が59匹、羊が60匹、

羊が61匹、羊が62匹、羊が63匹、羊が64匹、羊が65匹、羊が56匹、羊が57匹、羊が68匹、羊が69匹、羊が70匹、

羊が71匹、羊が72匹、羊が73匹、羊が74匹、羊が75匹、羊が76匹、羊が77匹、羊が78匹、羊が79匹、羊が80匹、

羊が81匹、羊が82匹、羊が83匹、羊が84匹、羊が85匹、羊が86匹、羊が87匹、羊が88匹、羊が89匹、羊が90匹、

羊が91匹、羊が92匹、羊が93匹、羊が94匹、羊が95匹、羊が96匹、羊が97匹、羊が98匹、羊が99匹、羊が100匹。

寝ちゃったかな?

おやすみ。

【ASMR】[囁き]チュロスの咀嚼音 Eating churros

今日も1日、おつカリンです。華凛です。

今日のおやつは、チュロス。皆さんはチュロス、好きですか?

シナモンパウダーをたっぷりとかけております。

では、いただきま〜す。

*幕間*

では、2本目。

*幕間*

3本目、いただきま〜す。

*幕間*

最後の1本。

*幕間*

ご馳走さまでした。

チュロスはトースターで焼いたばかりだったので、温かくてカリカリっとした食感で、とっても美味しかったです。

それでは、おやすみなさい。

*幕間*

【お知らせ】華凛オリジナルグッズ販売決定!!!

今日も1日、おつかりんです。華凛です!

今日は、いつも動画をご覧くださっている皆さま、そして応援してくださっている皆さまへ、お知らせがあります!

笑。え〜私も今とても、それを発表するのを緊張… しております。笑

実はこの度、初めて!グッズを販売することになりました!

え〜今まで、「グッズを作らないんですか?」というあの… 視聴者の方にコメントいただいた事もあって。

それで私も、何か作れたら良いなぁ〜と、まぁフワッと思っていたんですけれども。

今回はですね、なんとヴィレッジヴァンガードさんにお声掛けしていただきまして、コラボグッズを制作する事になったんです!(拍手)

とっても嬉しいし、もぅビックリしております。

そして、その商品がこちらです。

ハイ、「華凛オリジナルスウェット」です。

そしてこのデザインは、なんと私が描きました。

え〜動画をよくご覧くださっている方は、ご存知だと思うんですけれども。

私はセンスが… デザインのセンス、笑 がないので、どぅしよう?ってスゴく考えて、本当にいろいろ悩んで、頑張って考えて… こちらのデザインを描きました。

音からイメージを膨らませて、このイヤフォン… グレーのイヤフォンです。

そして、あと私らしいデザインが良い!という事で、何だろう?って考えたんですけれども。

私の「華凛」という名前って、お花をイメージされる方がとても多いんですよね。

というか、笑 私もお花が好きなので、この名前にしたと言うのもあります。

それでこの、お花も入れようという事になりまして、このイヤフォンをお花と葉っぱで囲ってみました。

では実際に、こちらを着てみましょう〜。せ〜の!

ハイ!着てみました〜。こんな感じになります。

私は今Mサイズ… Mサイズを着用しています。少し大きめですね。

それがチョット長めなので、チョット手が隠れる… 感じにはなるかな?

サイズは、SからXXLサイズまであります。

色は、この私が着用している白。ホワイトのみとなります。

そして、気になるお値段ですが、税込4,500円です。

そして、こちらの華凛オリジナルスウェット… いつ、どこで買えるのか?という事なんですけれども。

この動画が公開されている10月16日21時から、ビレッジバンガードオンラインで既に予約開始しております。

この商品は、店舗での販売予定がありませんので、このオンライン限定となります。

お届けは、11月中旬から下旬頃になります。

皆様のお手元に届くのは、少し先になってしまうんですけれども、ゼヒ楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

商品の詳細は、この概要欄に全て記載しておりますので、そちらをご覧ください。

また、この商品に関するお問い合わせは、私ではお答え出来兼ねますので、ヴィレッジヴァンガードオンラインの方にお問い合わせください。

これからだんだんね、寒くなっていきますので、こぅコートの下にまぁ防寒具として着ていただいたり、お部屋でリラックスする時に着たり、あとまぁちょっとコンビニに行く時に着たりなんかしてみて下さい。

色はこのホワイトのみになりますので、皆さんとお揃いです♡

ゼヒ一緒に着ましょう!

え〜全てあの… 詳しい事は、あのヴィレッジヴァンガードオンラインの商品ページの方に記載がございますので、そちらをよくあの… ご確認の上、ご予約をお願いいたします!

ハァ〜なんかもぅスゴく、このお知らせをするのスゴく緊張していたんですけど、上手く皆さんにお知らせ出来ているかな?ハイ。

本当に私なりにチョット頑張ってデザイン… してみました。

ここにね「KARIN」ね、ここに「ASMR」と、文字も入っております。

先ほども言いましたが、店舗での販売予定がなくオンライン限定となっておりますので、ゼヒ… ね!この先もぅこんなグッズを出す事はないと思いますので、笑

この機会にゼヒ、お買い求めいただけるととても嬉しいです。

それでは、最後までご視聴ありがとうございました!

皆さん、風邪引かないようにしてくださいね。

おやすみなさい。

【ASMR】[囁き] リラックまんを食べる🐻Eating Rilakkuman

今日も1日、おつかりんです!華凛です。

ハイ、ローソンで売っている、「リラックまん」2つ購入してきました。笑

こ… あの… こちらのリラックマは、まぁ… リラックマって感じですよね〜。

こちらは… 笑 少し… 少し… だいぶチョット潰れてしまっています。

うん… まぁ… うん… 食べ… 食べます!ハイ。

*幕間*

チョット耳が… 耳がね… 近いかな?笑

うん。中はチョコです。どこから… 食べようかな?

*幕間*

今リラックマの顔はお見せしませんが、左耳と左目が残っている状態です。

*幕間*

最後の一口。

*幕間*

まずは1つ目、ご馳走さまでした。

因みに、この下に敷いてあるシート、こちらもリラックマのイラストが描いてあります。見えるかな?

リラックマが… なんか中華まんを頬張っている。可愛い♡

こちらは、かろうじて… リラックマの顔に近いかな?うん…

先ほどやるのを忘れてしまったんですが、ここ… さく音も聞いていただきたいと思います。

*幕間*

あっペタペタ良い音がする。

*幕間*

さく音あまり聞こえなかったかもしれない。

*幕間*

では2つ目、いただきます。

*幕間*

最後の一口。

*幕間*

ハイ、ご馳走さまでした。

あの… もぅスッゴい喉が、笑 もぅスッゴい喉が渇いたんですけど、飲み物を持ってくるのを忘れてしまったので、今チョット持ってきますね。

お待たせしました。

*幕間*

だいぶ喉が潤いました。笑

えっと、このリラックマは、9月25日からローソンで販売しています。

おそらく期間限定なので… いつまでこれが販売されているかわからないんですけども。

もしあの… リラックマ好きな方がいらっしゃいましたらぜひ、ローソンで買ってみてください!

1つ200円です。そして中身はチョコレートなので、まぁ結構甘いですね。

なのであの… お茶とかね、笑 飲み物を用意して一緒にね、ティータイムとして食べていただくと、とても美味しいと思います。

いつかコリラックマまんとか出ないかな…

コリラックマは白いから… 中身何だろう?ホワイトチョコとか… かな?

あとキイロイトリも。笑 キイロイトリは黄色だから… 何だろう?

チーズとか… あっ!カレーも良いですね!カレー美味しそう。

*幕間*

では今回は、リラックマを食べてみました。笑

それでは、おやすみなさ〜い。

【ASMR】[囁き] キャンディーの詰め替え🍬Put the candies in a jar

*幕間*

このフルーツキャンディーを、こちらの瓶に移し替えていきます。

*幕間*

オレンジ。

*幕間*

メロン。

*幕間*

レモン。

*幕間*

何だろう?イチゴ…

*幕間*

【ASMR】[地声] Ghost stories/soft spoken 怖い話3

『壁』

ある地方の女子高生が東京の大学に進学が決まり、東京に一人暮らしする事になりました。

とあるマンションで生活を始めているうちに、ある日部屋に小さな穴があいているのに気づきました。

その穴は隣の部屋に続いていて、何だろうと覗き込みました。すると、穴の向こうは真っ赤でした。

隣の部屋は赤い壁紙なのかな?と思いつつ次の日も、次の日も、その女子大生は小さな穴をのぞいていました。

いつ見ても赤かったので、隣の部屋が気になった女子大生は、マンションの大家さんに聞いてみることにしました。

「私の隣の部屋には、どういう人が住んでいるんですか?」すると大家さんは答えました。

「あなたの隣の部屋には、病気で目が真っ赤な人が住んでいますよ。」

『呪い真書』

呪い真書を手に入れた。冒頭にこう書いてある。

「これに書かれてある手順を実行すると、呪いが成就するが、手順を間違えるとその呪いは自分に返ってきます。あなたはそれでも実行しますか?」

勿論だ。

俺には許せない奴がいた。だからこそ、この呪い真書を手に入れたのだ。

俺は、呪いの手順を始めた。

「1.まずはじめに目を閉じて、呪いたい相手の顔を思い浮かべます」

忘れたくても忘れられるものか、と俺は奴の顔を思い浮かべた。

よし、次だ、どれどれ・・・

「2.どんな呪いをかけたいのか、思い浮かべます」

考え付く全ての苦痛を与え続けてやる。

よし、次だ。

「3.最後に目を開けます」

『霊感のある人』

ある所に男がいた。

彼は霊感が強く、所謂「見える」人だった。

ある日彼は3ヶ月ほど留守にしていた家に帰ってきた。

リビングに入った途端、信じられないほどの喉の渇きを覚え、 冷蔵庫の中にあったパック入り牛乳を一気に飲み干した。

最後の一滴を飲み込んだ後、彼は恐怖し、絶望した。

『夫の夢』

最近、夫の様子がおかしいんです。

毎日変なことを言います。「また同じ夢を見た」と。

どうやら夫は1ヶ月位、毎晩ずっと同じ夢を見ているらしいんです。

しかも、夢かどうかもわからないと言います。

夢の内容は、真夜中に布団で寝ていると、天井に自分と同じ見た目の人間が張り付いている。

それが自分なのかも分からない。

その人間が夫の方を向いて、”俺と替わってくれよ”と言うらしいのです。

なので夫は、毎日朝起きると「また同じ夢を見た」と言いげっそりしています。精神的にもつらそうでした。

でもある日、夫が朝起きて何も言わなかった日がありました。

私は、あれ?と思って「今日はあの夢見なかったの?」と聞くと夫は言ったんです。

「何の話?」と。

『賞金ゲーム』

男は、とあるゲームに参加しようとしていた。

支配人の説明によると、ゲームの内容はこうだ。

箱の中に大金が入れられており、それが賞金。

見事箱を空けることができれば、賞金をゲットできる。

箱はかなり頑丈で、人間の力だけで開けるのは不可能。

箱の周りにおいてある斧などを使えば開けられるとのこと。

時間制限はないらしい。

男は「ぜひ参加させてくれ」と即答した。

何故なら金が欲しかったし、参加することにリスクはないからだ。

参加するといった男に支配人は言った。

「実は、箱にたどり着くまでにはいくつかの難関があるんだ。

今回特別に5万払えば賞金のすぐそばからスタートさせてやるが、どうする?」

「そりゃ、5万払うだろ。結局は何百倍以上のお金が手に入るのだから。」

男はそう言って5万円を支配人に渡し、ゲームをスタートさせた。

スタートした瞬間から、賞金は男の目の前にあった。

*幕間*

『カンカン』

その当時私は小学生で、妹、姉、母親と一緒に、どこにでもあるような小さいアパート

に住んでいました。

夜になったらいつも畳の部屋で、家族揃って枕を並べて寝ていました。

ある夜、母親が体調を崩し、母に頼まれて私が消灯をすることになったのです。

洗面所と居間の電気を消し、テレビ等も消して、それから畳の部屋に行き、母に家中の電気を全て消した事を伝えてから、自分も布団に潜りました。

横では既に妹が寝ています。

普段よりもずっと早い就寝だったので、その時私はなかなか眠れず、しばらくの間

ぼーっと天井を眺めていました。

すると突然、静まり返った部屋で、「カン、カン」という変な音が響いたのです。

私は布団からガバッと起き、暗い部屋を見回しました。

しかし、そこには何もない。

「カン、カン」

少しして、さっきと同じ音がまた聞こえました。

どうやら居間の方から鳴ったようです。

隣にいた姉が「今の聞こえた?」と訊いてきました。

空耳などではなかったようです。

もう一度部屋の中を見回してみましたが、妹と母が寝ているだけで、部屋には何もありません。

おかしい・・・確かに金属のような音で、それもかなり近くで聞こえた。

姉もさっきの音が気になったらしく、「居間を見てみる」と言いました。

私も姉と一緒に寝室から出て、真っ暗な居間の中に入りました。

そしてキッチンの近くから、そっと居間を見ました。

そこで私達は見てしまったのです。

居間の中央にあるテーブル。いつも私達が食事を取ったり団欒したりするところ。

そのテーブルの上に、人が座っているのです。

こちらに背を向けているので顔までは判りません。

でも、腰の辺りまで伸びている長い髪の毛、ほっそりとした体格、

身につけている白い浴衣のような着物から、女であるということは判りました。

私はぞっとして姉の方を見ました。

姉は私の視線に少しも気付かず、その女に見入っていました。

その女は真っ暗な居間の中で、背筋をまっすぐに伸ばしたままテーブルの上に正座をしているようです。ぴくりとも動きません。

私は恐ろしさのあまり、足をガクガク震わせていました。

声を出してはいけない、もし出せば恐ろしい事になる。

その女は、こちらには全く振り向く気配もなく、ただ正座をしながら私達にその白い背中を向けているだけだった。

私はとうとう耐え切れず、「わぁーーーーーっ!!」と大声で何か叫びながら寝室に飛び込んだ。

母を叩き起こし、「居間に人がいる!」と泣き喚いた。

「どうしたの、こんな夜中に」そう言う母を引っ張って、居間に連れていった。

居間の明りを付けると、姉がテーブルの側に立っていた。

さっきの女はどこにも居ません。

テーブルの上もきちんと片付けられていて、何もありません。

しかし、そこにいた姉の目は虚ろでした。

今でもはっきりと、その時の姉の表情を覚えています。

私と違って、彼女は何かに怯えている様子はなく、テーブルの上だけをじっと見ていたのです。

母が姉に何があったのか尋ねてみたところ、「あそこに女の人がいた」とだけ言いました。

母は不思議そうな顔をして、テーブルを見ていましたが、「早く寝なさい」と言って3人で寝室に戻りました。

私は布団の中で考えました。アレを見て叫び、寝室に行って母を起こして居間に連れてきたちょっとの間、姉は居間でずっとアレを見ていたんだろうか?

姉の様子は普通じゃなかった。何か恐ろしいものを見たのでは?

そう思っていました。

そして次の日、姉に尋ねてみたのです。「お姉ちゃん、昨日のことなんだけど・・・」

そう訊いても姉は、何も答えません。

下を向いて、沈黙するばかり。私はしつこく質問しました。

すると姉は「あんたが大きな声を出したから・・・」

それ以来、姉は私に対して冷たくなりました。

話し掛ければ、いつも明るく反応してくれていたのに、無視される事が多くなりました。

そして、あの時の事を再び口にすることはありませんでした。

あの時、私の発した大声で、あの女はたぶん、姉の方を振り向いたのです。

姉は女と目が合ってしまったんだ。

きっと、想像出来ない程恐ろしいものを見てしまったのだ。

そう確信していましたが、時が経つにつれて次第にそのことも忘れていきました。

中学校に上がって受験生になった私は、毎日決まって自分の部屋で勉強するようになりました。

姉は県外の高校に進学し、寮で生活して、家に帰ってくることは滅多にありませんでした。

ある夜、遅くまで机に向かっていると、扉の方からノックとは違う、何かの音が聞こえました。

「カン、カン」

かなり微かな音です。金属っぽい音。

それが何なのか思い出した私は、全身にどっと冷や汗が吹き出ました。

これはアレだ。小さい頃に母が風邪をひいて、私が代わって消灯をした時の・・・

「カン、カン」

また鳴りました。扉の向こうから、さっきと全く同じ金属音。

私はいよいよ怖くなり、妹の部屋の壁を叩いて、「ちょっと、起きて!」と叫びました。

しかし妹はもう寝てしまっているのか、何の反応もありません。

母は最近ずっと早寝している。

とすれば、家の中でこの音に気付いているのは私だけ・・・。

独りだけ取り残されたような気分になりました。そしてもう1度あの音が。

「カン、カン」

私はついに、その音がどこで鳴っているのか分かってしまいました。

そっと部屋の扉を開けました。真っ暗な短い廊下の向こう側にある居間。

そこは、カーテンから漏れる青白い外の光で、ぼんやりと照らし出されていた。

キッチンの側から居間を覗くと、テーブルの上にあの女がいた。

幼い頃、姉と共に見た記憶が急速に蘇ってきました。

あの時と同じ姿で、女は白い着物を着て、すらっとした背筋をピンと立て、テーブルの上できちんと正座し、その後姿だけを私に見せていました。

「カン、カン」

今度ははっきりと、その女から聞こえました。

その時、私は声を出してしまいました。

何と言ったかは覚えていませんが、またも声を出してしまったのです。

すると、女は私を振り返りました。

女の顔と向き合った瞬間、私はもう気がおかしくなりそうでした。

その女の両目には、ちょうど目の中にぴったり収まる大きさの鉄釘が刺さっていた。

よく見ると、両手には鈍器のようなものが握られている。

そして口だけで笑いながらこう言った。

「あなたも・・・あなた達家族もお終いね。ふふふ」

次の日気がつくと、私は自分の部屋のベッドで寝ていました。

私は少しして昨日何があったのか思い出し、母に居間で寝ていた私を部屋まで運んでくれたのか、と聞いてみましたが、何のことだと言うのです。

妹に聞いても同じで、「どーせ寝ぼけたんでしょ」とけらけら笑われた。

しかも私が部屋の壁を叩いた時には、妹は既に熟睡してたとのことでした。

そんなはずない。

私は確かに居間でアレを見て、そこで意識を失ったはずです。

誰かが居間で倒れてる私を見つけて、ベッドに運んだとしか考えられない。

でも改めて思い出そうとしても頭がモヤモヤしていました。

ただ、最後のあのおぞましい表情と、ニヤリと笑った口から出た言葉ははっきり覚えていた。

私と、家族がお終いだと。

異変はその日のうちに起こりました。

私が夕方頃、学校から帰ってきて、玄関のドアを開けた時です。

いつもなら居間には母がいて、キッチンで夕食を作っているはずです。

なのに、居間の方は真っ暗でした。電気が消えています。

「お母さん、どこにいるのー?」

私は玄関からそう言いましたが、家の中はしんと静まりかえって、まるで人の気配がしません。

カギは開いているのに・・・掛け忘れて買い物にでも行ったのだろうか。

のんきな母なので、たまにこういう事もあるのです。

やれやれと思いながら、靴を脱いで家に上がろうとしたその瞬間。

「カン、カン」

居間の方で何かの音がしました。

私は全身の血という血が、一気に凍りついたような気がしました。

数年前と、そして昨日と全く同じあの音。ダメだ。

これ以上ここに居てはいけない。恐怖への本能が理性をかき消しました。

ドアを乱暴に開け、無我夢中でアパートの階段を駆け下りました。

一体、何があったのだろうか?お母さんは何処にいるの?妹は?

家族の事を考えて、さっきの音を何とか忘れようとしました。

これ以上アレの事を考えていると気が狂ってしまいそうだったのです。

すっかり暗くなった路地を走りに走った挙句、私は近くのスーパーに来ていました。

「お母さん、きっと買い物してるよね」一人で呟き、切れた息を取り戻しながら中に入りました。

時間帯が時間帯なので、店の中に人はあまりいなかった。

私と同じくらいの中学生らしき人もいれば、夕食の材料を調達しに来たと見える、主婦っぽい人もいた。その至って通常の光景を見て、少しだけ気分が落ち着いてきたので、私は先ほど家で起こった事を考えました。

真っ暗な居間、開いていたカギ、そしてあの金属音。

家の中には誰もいなかったはず。アレ以外は。

私が玄関先で母を呼んだ時の、あの家の異様な静けさ。

あの状態で人なんかいるはずがない・・・。

でも、もし居たら?私は玄関までしか入っていないので、ちゃんと中を見ていない。

ただ電気が消えていただけ。

もしかすると母はどこかの部屋で寝ていて、私の声に気付かなかっただけかもしれない。

何とかして確かめたい。

そう思い、私は家に電話を掛けてみることにしたのです。

スーパーの脇にある公衆電話。

お金を入れて、震える指で慎重に番号を押していきます。

受話器を持つ手の震えが止まりません。

1回、2回、3回・・・・コール音が頭の奥まで響いてきます。

「ガチャ」誰かが電話を取りました。私は息を呑んだ。耐え難い瞬間。

「もしもし、どなたですか」

その声は母だった。その穏やかな声を聞いて私は少しほっとしました・・・

「もしもし、お母さん?」

「あら、どうしたの。今日は随分と遅いじゃない。何かあったの?」

私の手は再び震え始めました。手だけじゃない。

足もガクガク震え出して、立っているのがやっとだった。

あまりにもおかしいです。

いくら冷静さを失っている私でも、この様子に気付きました。

「なんで・・・お母さ・・・」

「え?なんでって何が・・・ちょっと、大丈夫?本当にどうしたの?」

お母さんが、今、こうやって電話に出ているはずはない。

私の家には居間にしか電話がないのです。

さっき居間にいたのはお母さんではなく、あのバケモノだったのに。

なのにどうして、この人は平然と電話に出ているのだろう。

それに。今日は随分と遅いじゃない、と。

まるで最初から今までずっと家にいたかのような話し方。

私は、電話の向こうで何気なく私と話をしている人物が、得体の知れないもののようにしか思えなかった。

そして、乾ききった口から、何とかしぼって出した声がこれだった。

「あなたは、誰なの?」

「え?誰って・・・」

少しの間を置き、返事が帰ってきた。

「あなたのお母さんよ。ふふふ」

*幕間*

【ASMR】[囁き] Japanese summer🎐日本の夏

今日も1日、おつ華凛です。

まずは、扇子。

*幕間*

続いては、風鈴。

*幕間*

続いては、ビー玉。

*幕間*

続いては、おはじき。

*幕間*

更に追加。

*幕間*

そして最後は、ラムネ。ビー玉入りです。

えっこれ飲むの本当に久し振り。これ、溢れるヤツですよね、多分。

*幕間*

笑。えっこれ無理!えっ…

*幕間*

怖い!笑

*幕間*

えっこれ、多分座ってたら出来ないかも。

机の上だと、力がうまく入らなかったので、チョット床に置いてやりました。

無事にラムネ… じゃない、ビー玉が落ちました。

*幕間*

シュワシュワって聞こえますかね?

*幕間*

すっごくシュワシュワです。

*幕間*

うん、美味しかったです。

それでは、おやすみなさい。

【ASMR】hatomugi×華凛コラボ◆Reading fairy tales📖童話の朗読【囁き】

華凛:皆さまこんばんは、華凛です。今回の動画は、私1人ではなくて、前々から念願だたこの方と一緒に、動画を撮っていきます。

はとむぎ:どうも、はとむぎです。笑 今日は華凛ちゃんのチャンネルにお邪魔して… すみません。お邪魔してコラボ動画を撮っています。

華凛: 今回はむぎちゃんと一緒に、童話を読んでいきたいと思います。

はとむぎ:可愛い!名前付けてくれたの?

華凛: はい!2人で童話を3本読みますので、ぜひ最後までご覧ください。

*幕間*

華凛: 『白バラちゃんと赤バラちゃん』

はとむぎ:むかしむかし、ある森に、白バラちゃんと赤バラちゃんという、仲の良い姉妹が住んでいました。二人はいつも、

華凛:「わたしたち、ずっと一緒にいましょうね」

はとむぎ:と、言っています。ある雪のひどい晩、寒さにこごえたクマが二人に助けを求めました。二人はそのクマを、暖かい部屋に泊めてあげました。それから毎晩、クマは遊びに来るようになりました。すっかり仲良しになったある日の事、クマはお別れを言いに来ました。

華凛:「春になると、地下から悪い小人がぼくの宝物を盗みに来るんだ。見張らなきゃいけないから、ここにはもう来れないんだ」

はとむぎ:「・・・そんな」さびしい気持ちで、二人はたきぎ拾いに出かけました。すると倒れた木の下じきになって、小人がバタバタ手足を動かしていました。見ると長いひげが、枝にからまっています。白バラちゃんは親切に、からまった長いひげをはさみで切ってあげました。ところが、

華凛:「よくも、自慢のひげを切ったな!」

はとむぎ:小人は助けられたのにお礼も言わず、木の根の間から金貨のつまった袋を取り出すと、さっさと行ってしまいました。それから少し経ったある日、二人は川でひげを魚にくわえられている小人を見ました。よく見ると、この前の小人です。今度もはさみでひげを切って助けてあげたのに、小人は、

華凛:「また、大事なひげを切りやがって!」

はとむぎ:と、怒鳴りながら真珠の入った袋をかついで、岩のかげに消えました。それから間もなく、二人はワシにさらわれそうになっている小人を助けてやりました。小人はまたお礼も言わず、宝石のつまった袋をかかえて。

華凛:「おれの宝石を、ジロジロ見るな!」

はとむぎ:と、言いました。その時です。

華凛:「それは、ぼくの宝石だ!」

はとむぎ:クマが現れて、小人をやっつけてしまいました。するとクマの毛皮がハラリとぬげて、クマは美しい王子さまになったのです。

華凛:「悪い小人を見つけてくれて、ありがとう。実はあの小人に魔法をかけられて、クマの姿にされていたんだ。小人のひげは小人の魔法のみなもと。小人のひげを切ってくれたおかげで小人をやっつける事が出来ました。白バラちゃん、ぼくと結婚してください。そして赤バラちゃんが、ぼくの弟と結婚してくれたら、ずっとみんなで一緒にいられるよ」

はとむぎ:と、言うわけで、白バラちゃんと赤バラちゃんはいつも二人が言っていたように、ずっと仲良く一緒に暮らしました。

華凛:おしまい。

*幕間*

はとむぎ:『おくびょうウサギ』

華凛:むかしむかし、インドの西の海岸のヤシの木の林に、ビルバという木が生えていました。そこにはとてもおくびょうなウサギが住んで、昼寝をしながらこんなことを考えました。

はとむぎ:「もしもこの地面がわれたら、一体ぼくはどうなるんだろう?」

華凛:するとその時、すぐそばの地面で、バシンと、ものすごい音がしました。

はとむぎ:「そらきた! 地面がとうとうわれたぞ!」

華凛:おくびょうなウサギははね起きて、いちもくさんに逃げ出しました。

はとむぎ:「どうしたの? なにかあったの?」

華凛:ほかのウサギたちが聞くと、おくびょうなウサギはふり向きもせずに走りながら答えました。

はとむぎ:「地面がわれたんだ!大急ぎで安全な場所へ逃げるんだ!」

華凛:「何と、それは大変だ!」

はとむぎ:ウサギたちはおくびょうなウサギのあとに続いて、いっせいにかけ出しました。それを見た、森や野原のけものたちが、

華凛:「どうしたんだ? どうしたんだ?」

はとむぎ:と、言いながら、ウサギたちのあとに続いてかけ出しました。ウサギの次にシカ、次にイノシシ、次に大シカ、次に水牛、次に野牛、次にサイ、次にトラ、そして最後にゾウです。おくびょうなウサギを先頭にして、それはもう大変なさわぎです。

華凛:森の奥には、一頭の大きなライオンが住んでいました。ライオンは、逃げていくけものたちを見て、

はとむぎ:「止まれ、止まれ、止まれ!いったい何事だ!」

華凛:と、ものすごい声で怒鳴りました。するとみんなはびっくりして、その場に止まりました。ライオンの質問に、ゾウが答えました。

はとむぎ:「はい、地面がわれたのです」

華凛:「地面がわれた?お前はそれを見たのか?」

はとむぎ:「いいえ。わたしはトラに聞きました」

華凛:すると、トラが言いました。

はとむぎ:「わたしは、サイに聞きました」

華凛:次に、サイが言いました。

はとむぎ:「わたしは、野牛に聞きました」

華凛:野牛が、言いました。

はとむぎ:「わたしは、水牛に聞きました」

華凛:水牛が、言いました。

はとむぎ:「わたしは、大シカに聞きました」

華凛:大シカが、言いました。

はとむぎ:「わたしは、イノシシに聞きました」

華凛:イノシシが、言いました。

はとむぎ:「わたしは、シカに聞きました」

華凛:シカが、言いました。

はとむぎ:「わたしは、ウサギに聞きました」

華凛:ウサギが、言いました。

はとむぎ:「わたしたちは、先頭のウサギに聞きました」

華凛:ライオンは、先頭のおくびょうなウサギに聞きました。

はとむぎ:「お前は、本当に地面がわれるのを見たのか?」

華凛:「はい、聞きました。たしかに、バリリリッ!と地面のわれる音がしました」

はとむぎ:「見ていないのか? 聞いただけでは、あてにならない。どれ、わしが調べてきてやる。みんなはここで待っていなさい」

華凛:大きなライオンはおくびょうなウサギを背中に乗せて風よりも速く走り、ビルバの木がまじって生えたヤシの林に着きました。

はとむぎ::「ここです。この木の下で聞いたのです」

華凛:「・・・やれやれ。よくごらん。どこの地面が割れているというのだね。お前が聞いた音というのは、これが落ちた音だったのではないのかね?」

はとむぎ:ライオンはそばに落ちている、大きなビルバの実をころがしていいました。

華凛:「あっ。・・・そうかも、しれません」

はとむぎ:おくびょうなウサギは、恥ずかしそうに答えました。ライオンはおくびょうなウサギを乗せて、大急ぎでけものたちのところへ帰りました。そして、見てきたことを話しました。

華凛:「いいかね。よく確かめもせずに、ほかの者が言った言葉を信じてはいけないよ」

はとむぎ:ライオンにしかられて、けものたちはすごすごと自分たちの住み家に帰っていきました。

華凛:おしまい。

*幕間*

はとむぎ:『幸せになった、のらネコ』

華凛:むかしむかし、子どものいない、おじいさんとおばあさんがいました。ある日、おばあさんが言いました。

はとむぎ:「おじいさん、家には子どもがいないから、せめてかわいそうなのらネコを一匹飼ってやろうではありませんか」

華凛:「それはいい考えだ。よし、わしが探してこよう」

はとむぎ:おじいさんはそう言うと、のらネコ探しに出かけました。歩いていくと、向こうから白くてかわいらしいネコがやって来ました。

華凛:「おや? おおっ、なんてかわいいネコだ。おいで、おいで」

はとむぎ:「ニャオ」

華凛:おじいさんはネコを抱きあげると、ネコの首を見ました。「おや、首にスズか。お前は、のらネコじゃないね。残念だけど、わしはのらネコを探しているんだ」

はとむぎ:おじいさんは白いネコを下におろすと、また歩き出しました。それからずいぶんと歩きましたが、どうした事か、のらネコがまったく見つかりません。

華凛:「ああっ、くたびれた」おじいさんが公園のベンチで休んでいると、あちこちからネコたちが集まってきて、

はとむぎ:「ニャア、ニャア、ニャア、ニャア」

華凛:と、おじいさんを取りかこみました。実はこのネコたち、さっきの白い飼いネコから、のらネコを探しているおじいさんがいると聞いて集まってきたのです。

はとむぎ:「ニャアー、ニャアー、ニャアー(おじいさん、ぼくたちはのらネコです。飼ってください)」

華凛:集まって来たネコたちには、三毛もいますし、白いのも、黒いのも、ぶちも、大きいのも、小さいのもいます。「これは、たくさんいるね。一匹、二匹、三匹・・・。なんと、千匹もいるぞ。これだけいると、わしには決められないな。家に帰って、おばあさんに決めてもらおう」

はとむぎ:おじいさんは千匹のネコたちを連れて、家に帰りました。おばあさんは、おじいさんのあとから千匹のネコたちが庭に入って来たのでビックリです。「まあ、まあ、たくさんのネコですこと」

華凛:「なあ、おばあさん。どのネコを、家で飼おうか?」

はとむぎ:のらネコたちは自分を飼ってもらおうと、仲間を押しのけて前に出てきました。

華凛:「ニャン、ニャン(おばあさん、わたしが一番きれいですよ)」

はとむぎ:「ニャア、ニャア(いいえ、あたしが一番よ)」

華凛:「ニャーォ、ニャーォ(おいらの声は、とってもいい声だぜ)」

はとむぎ:「ニャーゴ、ニャーゴ(ぼくは、ネズミを捕るのが得意ですよ)」

華凛:ネコたちは、とうとうけんかをはじめました。ニャア、ニャア、フギャ、フギャ、ギャオ、ギャオと、もう大変な騒ぎです。おばあさんは、あきれて言いました。

はとむぎ:「けんかをするネコは、飼う事は出来ません。もう、お帰りなさい」

華凛:「フニャー(何だ、つまんないの)」 千匹のネコたちは、すごすごと帰っていきました。するとその一番最後に、やせこけたぶちネコがいました。このぶちネコは、みんながけんかをしている間、

はとむぎ:「ミャー、ミャー、ミャー(ぼくなんか、やせっぽちでみにくいから、だめだろうな)」

華凛:と、庭の木のかげで、ションボリとしていたのです。そのやせこけたぶちネコを見て、おばあさんが言いました。

はとむぎ:「おじいさん、あんなにやせたネコがいますよ」

華凛:「本当だ。きっとおとなしいからエサを取れずに、あんなにやせてしまったのだろう。・・・どうだい、あのネコを飼ってやっては」

はとむぎ:「ええ、そうしましょう」

華凛:おじいさんとおばあさんは、やせこけたぶちをお湯できれいに洗うと、家の中へ入れてやりました。

はとむぎ:こうしてぶちは、おじいさんとおばあさんにかわいがられて幸せに暮らしました。

華凛:おしまい。

*幕間*

華凛:それでは、おやすみなさい。

はとむぎ:おやすみなさ〜い。

*幕間*